シードル

シードル

図解■ シードルの原料【リンゴの国内収穫量】

文字数:約1000文字  シードルの原料はリンゴである。リンゴは世界中でさまざまな品種が作られている。農林水産省のデータをもとに、リンゴの収穫量を見てみよう。 ●国内のリンゴ収穫量と価格  上図は、国内のリンゴ収穫量と、1kg当たりの卸売価...
シードル

図解■ シードルの原料【リンゴの生産量】

文字数:約800文字  シードルの原料はリンゴである。リンゴは世界中でさまざまな品種が作られている。FAOSTAT(国連食糧農業機関データベース)のデータをもとに、リンゴの生産量を見てみよう。 ●世界のリンゴ生産量  上図は2020年のリン...
シードル

図解■ シードルの消費量

文字数:約1100文字  シードルの消費量を、AICV(欧州サイダー&フルーツワイン教会)が毎年調査している。各データをまとめたので、見てみよう。 ●世界のシードル消費量  2010年から順調に消費量を伸ばして、2018年でピークに達した。...
シードル

シードルの原料【リンゴ】

文字数:約1500文字  シードルの原料はリンゴである。リンゴは世界中で栽培されれており、その種類は15,000種類以上である。シードルの多くは、多品種のリンゴをブレンドして造られる。単一品種のリンゴから造られるシードルはごく少数である。 ...
シードル

シードルの歴史

文字数:約1500文字  残念ながら、シードルの歴史の詳細はわかっていない。ビールやワインなどは、壁画や古い文献に年数まで書き残されているものがあるが、シードルは記録が少ない。 Moshe HaroshによるPixabayからの画像 ●リン...
シードル

シードルの主要国【ドイツ】

文字数:約1000文字  ドイツでは、シードルをアプフェルヴァイン(Apfelwein)と呼ぶ。アプフェルヴァインはドイツ語であり、英語のアップルワインのことである。  国際都市フランクフルトのある、ヘッセン州で主に生産、消費されている。ド...
シードル

シードルの主要国【アメリカ】

文字数:約1200文字  アメリカでは、シードルをハードサイダー(Hard Cider)と呼ぶ。サイダーとハードサイダーは区別されており、サイダーはノンアルコールの炭酸飲料のことを指す。  サイダーという呼び方はイギリスからの入植者が広めた...
シードル

シードルの主要国【イギリス】

文字数:約900文字  イギリスではシードル(Cidre)をサイダー(Cider)と呼ぶ。イギリスの気温や降水量などでは、良質なブドウを栽培することが難しいが、リンゴの栽培には適していた。そのため、昔からリンゴの加工品であるサイダー(シード...
シードル

シードルの主要国【フランス】

文字数:約1400文字  フランスのシードル(Cidre)が、日本でのリンゴ酒の呼び方として定着している。フランスはワイン大国だが、シードルの歴史も長い。ワイン大国であるからこそ、フランスはブドウ栽培を優遇し、守る政策を行い、リンゴ栽培やシ...
シードル

シードルの主要国【スペイン】

文字数:約1100文字  スペインではシドラ(Sidra)と呼ばれ、長い歴史を持つ。主に北部で造られ、酸味が強いのが特徴である。 ●味わい  スペインのシドラは、他の国のシードルに比べて酸味がはっきりしていて、微発泡、または非発泡のものが多...
シードル

シードルのつくり方

文字数:約1200文字  シードルのつくり方は、同じ果実酒のワイン(特に白)のつくり方と基本は同じである。ワイン造りの流れと比較したものが以下のようになる。 ●シードルのつくり方  上図をもう少し詳しく説明する。 ①収穫・選果 judymc...