• お酒全般の情報ブログ

    飲み過ぎた時にやること

    文字数:約900文字  飲み過ぎてしまうことは誰にでもある。その自覚がある状態の時に、どう対処するかによってその後が大きく変わる。二日酔いにならないように気を付けよう。 ●水を飲む  水を飲む目的は、 …

    続きを読む


    ビアグラス

    文字数:約2000文字 ●グラスを使う理由  ビールをちゃんと味わいたいなら、缶やびんのまま飲むのではなく、グラスに注いで飲むべきである。 泡の見た目と触感が味わえること 香りの広がりを感じられること …

    続きを読む


    ビールと酵母

    文字数:約1000文字 ●酵母の概要  直径5~10ミクロンの微生物である酵母は、キノコやカビと同じ真菌の仲間である。酵母はブドウ糖や麦芽糖をアルコールと炭酸ガスに分解する。酵母の種類によって、ビアス …

    続きを読む


    ビールとホップ

    文字数:約1100文字 ●ホップの概要  ホップはアサ科のつる性多年草で、最成長期には1日約30㎝も育つ。雄株と雌株があり、ビールの原料に用いられるのは、雌株の未授精の毬花(まりばな、またはきゅうか) …

    続きを読む


    ビールと麦芽

    文字数:約1200文字 ●製麦(麦芽化)する理由  麦を製麦する理由は、酵母が作用できる大きさの糖に、デンプンを分解するため。また、タンパク質を分解して酵母の栄養源であるアミノ酸をつくるため。  麦は …

    続きを読む


    ビールの原料

    文字数:約1400文字  ビールの原料は、麦とホップと水に加えて酵母である。各原料の特徴と役割を説明する。 ●麦  麦には大麦・小麦・ライ麦・燕麦などがある。  主に大麦が使われるが、大麦にも二条大麦 …

    続きを読む


    ビールのつくり方

    文字数:約1000文字  ビールの原料は麦とホップと水である。これらを使いどのようにビールが造られているのか見てみよう。  ビールは、製麦→仕込み→発酵→熟成→ろ過/熱処理→パッケージング、という工程 …

    続きを読む


    ビールのスタイル分類

    文字数:約700文字 ●簡易知識  ビールは発酵別に3種類に分けらる。上面発酵、下面発酵、自然発酵で酵母の種類が違う。  上面発酵酵母を使ったものはエールと呼ばれ、発酵温度は15~25℃で、発酵期間は …

    続きを読む


    ビールの歴史

    文字数:約2300文字  ビールの歴史は紀元前まで遡る。紀元前、中世、近世、近代の長い歴史を見てみよう。 ●紀元前 紀元前6500年頃(8500年前)クルディスタン(トルコ、イラク、イランにまたがる地 …

    続きを読む


    ビールびんの色

    文字数:約1100文字 ●茶色の理由  ビールびんが茶色なのは、なるべく日光を遮るためで、日光にさらされるとホップに含まれる成分が変化し、ビールに「日光臭」という独特の臭みが生じたり、味が変化し、おい …

    続きを読む


    近代ビールの三大発明

    文字数:約1300文字  ビールが世界中で飲まれるようになったのは、近代の3つの発明のおかげである。低温殺菌法、アンモニア冷凍機、酵母の純粋培養について、説明する。 ●低温殺菌法  1865年、フラン …

    続きを読む


    世界のビール【アメリカ編】

    文字数:約1400文字 ●国柄 [最先端を行く小規模醸造所 ]  ヨーロッパからアメリカにビールが伝わえられて400年強。現在は大手3社「バドワイザー」「クアーズ」「ミラー」のライトラガーが多く飲まれ …

    続きを読む