【一括収集】スピリッツ(ジン、テキーラ、ラム)イベント一覧:2024年

HOME

 ジン、テキーラ、ラムを中心にスピリッツイベントを一覧にまとめた。
単独酒類でのイベントはまだ少ないが、
スピリッツ(蒸留酒)とし一括りでのイベントは意外と多い。
大規模イベントを中心に公表されたものから随時更新していく。

時期酒類イベント名場所
2月11日複合ウイスキー&スピリッツフェスティバル横浜横浜
2月23日テキーラマルガリータの日 Celebration Party東京
3月10日複合【BAR TIMES主催】2024春の試飲会東京
/////////////////
4月28日複合全国バーテンダーズ・コンペティション東京
4月28日複合ラテン・カリビアン カクテルパーティー in仙台宮城
5月6日複合ラテン・カリビアン スピリッツフェスタ in東京東京
5月11、12日複合東京インターナショナルバーショー東京
5月26日複合ラテン・カリビアン スピリッツフェスタ in博多 new福岡
6月16日複合エリートバーテンダーカクテルコンペティション東京
8月4日複合北海道ウイスキー&スピリッツフェス北海道
9月8日複合フロンティアスピリッツ福島
10月27日複合全国バーテンダー技能競技大会東京
11月10日複合沖縄ウイスキー&スピリッツフェスティバル new沖縄

関連記事 ↓

2024年開催イベント

 上記のとおり、すでに公表されているイベントがいくつかある。
また、単独のお酒イベントだけでなく、各酒スピリッツが飲めるものも掲載する。




各スピリッツイベント紹介

 各イベントを紹介する。
それぞれに特徴があり、好みのイベントがいつ開催されるのか確かめよう。

ジンのイベント

 ジンブームが到来したといわれているが、2023年はジン単独のイベントはなかった
一昔前に比べるとジンを製造しているメーカーは増えたが、まだ浸透しきっていな感じがする。

 ジンは材料が多いため、味と品質の安定化が難しい。
そのため、クラフトジンが定番のジンに取って代わるには、困難な道のりである。

 現在のクラフトジンの立ち位置は、まず蒸留所の周辺地域で消費してもらう状態である。
徐々に知名度を上げて、生産量を増やして、広範囲に展開していくのが定石だろう。

 試飲イベントは、クラフトジンの知名度を上げる絶好の機会となる。
2024年はジンの単独イベントを復活が望まれている。

GIN FESTIVAL TOKYO

gin festival tokyo
https://www.ginfest.tokyo
  • 主 催:ジンフェスティバル東京運営事務局
  • 場 所:東京
  • 時 期:??
  • サイト:https://www.ginfest.tokyo/

 2018年から開催されているイベントで、2022年はオンライン開催だった。
2019年のイベントは入場無料で、1杯(10㏄)100円、ジントニック500円で、
とても参加しやすいイベント。

 無料セミナーやボトル販売も行っており、
気軽に立ち寄ってジンに興味を持つ人も多い。

 2023年は秋頃の開催を予定していたが、未開催だった。
2024年はぜひ開催してほしいものである。

GIN LIVE Tokyo

jin live tokyo
https://www.facebook.com/ginlivetokyo

 国内外から多くのジンが集まるイベント。
秋葉原で行われお酒のイベントは珍しい。

 無料のセミナーやバーテンダーさんのカクテルを味わえる。
2018年から開催されており、年々賑やかさが増している。
2024年は開催されるのだろうか。

・ジンポジウム・ジャパン(GIN-POSIUM JAPAN)

gin-posium
http://cocktail.or.jp/jga.htm
  • 主 催:日本ジン協会(一般財団法人 カクテル文化振興会)
  • 場 所:東京
  • 時 期:例年は7月
  • サイト:http://cocktail.or.jp/jga.html

 2017年から開催しているジンイベントの先駆け。
1部はセミナー、2部は試飲会となっており、2部のみの参加も可能。
各部2時間半と短めだが、他のイベントと比べて落ち着いた雰囲気がある。
参加者の半数は業界関係者であるが、身構える必要はない。

関連記事 ↓


テキーラのイベント

 2023年はテキーラ関連のイベントがいくつか開催された。
定期的にテキーラに触れられることは、とても有り難いことである。

 イベントの多くが東京での開催のため、他の地域での浸透度が低いことが気になる。
少し地方に行けば、まだ「テキーラは罰ゲーム」だという認識があったりする。

 2024年はテキーラばもっと広く認知されればと思う。
テキーラにはそのポテンシャルがあるのだから。

・テキーラの日 Celebration Party

tequila day
https://tequiladay.jp/
  • 主 催:JUAST(テキーラフェスタ運営事務局)
  • 場 所:東京、名古屋
  • 時 期:例年は7月
  • サイト:https://tequiladay.jp/

 2017年から開催されている、テキーラの種類が最多のイベント。
フレアバーテンダーによるショーなどあり、とても盛り上がる。
また、テキーラを使ったカクテルや、メスカルも飲むことができる。

 無料配布される冊子『テキーラジャーナル』は内容盛りだくさん。
この冊子が欲しくてやって来る人もいるほどの充実した内容である。
夏にテキーラを飲んで暑さを吹き飛ばそう。

・マルガリータの日 Celebration Party

margarita day
https://margaritaday.jp/
  • 主 催:JUAST(テキーラフェスタ運営事務局)
  • 場 所:東京
  • 時 期:例年は2月
  • サイト:https://margaritaday.jp/

 マルガリータは、テキーラホワイトキュラソーライムジュースで作るカクテル。
各ブランドのマルガリータが飲めるイベント。

 テキーラやメスカルを試飲することもできる
2024年は2月23日(金祝)に東京で開催

関連記事 ↓

・パロマの日 Celebration Party

paloma day
https://palomaday.jp/
  • 主 催:JUAST(テキーラフェスタ運営事務局)
  • 場 所:東京、大阪、名古屋
  • 時 期:例年は5月
  • サイト:https://palomaday.jp/

 パロマは、テキーラグレープフルーツジュース炭酸で作るカクテル。
パロマは世界で人気が急上昇中のカクテルである。

 各ブランドのパロマが飲めるイベント。
テキーラやメスカルを試飲することもできる

関連記事 ↓

・メスカルの日 Celebration Event

mezcal day
https://mezcalday.jp/
  • 主 催:JUAST(テキーラフェスタ運営事務局)
  • 場 所:東京、大阪
  • 時 期:例年は10月
  • サイト:https://mezcalday.jp/

 世界で人気が急上昇中のメスカルのイベント。
メスカルがこれだけ飲めるイベントはココだけ。

 飲んだことのないメスカルが見つかること間違いなし。
2024年もイベント開催を期待したい。

関連記事 ↓

・テキーラフェスタ(TEQUILA FESTA)

tequila festa
https://tequilajournal.jp/
  • 主 催:JUAST(テキーラフェスタ運営事務局)
  • 場 所:東京、大阪、名古屋、博多
  • 時 期:???
  • サイト:https://tequilajournal.jp/

 2012年が初開催の大規模テキーライベント
2019年の『アガベラブ×テキーラフェスタ』の後、次回があるのか気になるところ。
上記のとおり、すでにテキーライベントが多数あるため、
同じ主催であるJUASTがどのように差別化するのか楽しみである。

関連記事 ↓


ラムのイベント

 2023年はラムフェスもラムコネのなかった。
日本ラム協会の周年記念イベントが、唯一ラム単独での催しだった。

 ラム単独のイベントは少ないが、スピリッツイベントでは意外とラムが出品されていることが多い
ウイスキーやジンに紛れて、ラムも置かれていることがあるので、探してみてほしい。

 2024年はもっとラムが飲めるイベントがあることを願う。
都市部に限らず、いろいろなところでラムが知られるようになると良いのだが。

JAPAN RUM CONNECTION