カクテルの歴史

HOME

文字数:約3600文字

 カクテルの歴史を年表にまとめた。
有名なスタンダードカクテルも実は歴史が浅かったりする。
時系列でみることで、カクテルを深く知ることができる。

カクテル
Anil sharmaによるPixabayからの画像

18世紀以前

 古代から18世紀までは、ただ材料を混ぜ合わせたミックス・ドリンクである。
ミックス・ドリンクは古代エジプトや古代ローマの時代から飲まれていたとされる。

 古代ではまだ蒸留酒がなく、醸造酒に何かを混ぜた飲み物だった。
蒸留酒が生み出されてから、17世紀にはインドでパンチ類が登場する。
これが現代につながるカクテルの先駆けである。

パンチボウル
PetraによるPixabayからの画像
時代できごと
古代エジプト時代ビールにハチミツやショウガなどを加えたミックス・ドリンクが飲まれる
古代ローマ時代ワインの水割りなど、ワインに何かを混ぜたミックス・ドリンクが飲まれる
640年頃唐(中国)でワインに馬乳を加えたミックス・ドリンクが飲まれる
9世紀ドイツで大鉢(ポーレ)に白ワイン、薬草、果物、砂糖を加えたものが飲まれる
12-17世紀ヨーロッパで、寒い日にミックス・ドリンクを温めて飲む習慣が生まれる
蒸留酒が誕生し、蒸留酒ベースのミックス・ドリンクが飲まれるようになる
17世紀パンチ類】がインドに登場
ジン・トニック」誕生

18世紀

 現代のスタンダード・カクテルの一つである「グロッグ」が誕生する。
18世紀に誕生するカクテルは、水やお湯で割ったり、甘味や酸味を加えるシンプルなものであった。

イギリス
WalkersskによるPixabayからの画像
時代できごと
1740年頃グロッグ」誕生
1748年頃ロンドンで出版された小冊子『スクァイア・レシピーズ』に「カクテル」という単語が登場する
18世紀半ばサワー類】がイギリスに登場
1760年トディ類】がイギリス領アンティル諸島に登場
18世紀末エッグノッグ類】【ジュレップ類】【スリング類】がアメリカに登場

19世紀

 19世紀には現代カクテルの基礎となる部分が概ねできあがる
カクテルのレシピ本が出版されたことで、有名なカクテルが現れ始める。
さらに製氷機が開発されたことで、カクテルの温度幅が広がる。

アイスキューブ
alba1970によるPixabayからの画像
時代できごと
1800年頃コブラー類】がアメリカに登場
フリップ類】がイギリスで広まる
1803年アメリカの雑誌『ザ・ファーマーズ・キャビネット』で「カクテル」という言葉が用いられる
1806年ニューヨークの週刊新聞『ザ・バランス・アンド・コロンビアン・レポジトリ』で、
カクテルは蒸留酒、砂糖、水、ビターズでつくる刺激的なリキュール」と記す
1820年頃サンガリー類】がイギリス領アンティル諸島で誕生し、アメリカに紹介される
1824年アンゴスチュラ・ビターズが開発される
1830年頃ジン&ビターズ」誕生
1834年ベイショーズ・ビターズが開発される
1840年代初めクラスタ類】がアメリカに登場
プースカフェ類】がアメリカに登場
1846年マンハッタン」起源説①
メリーランド州のバーテンダーが決闘で負傷した人の気付け薬代わりに、ウイスキーとシロップ、ビターズでつくったのがそもそもの始まりであり、それがニューヨークでシロップではなくベルモットが使われたときに現在の名前になったと言われている。
1847年トム&ジェリー」誕生
1848年ピンク・ジン」誕生
1850-1860年フィックス類】【スマッシュ類】がアメリカに登場
1850年ブルー・ブレイザー」誕生
1850年ピムス・カップ」誕生
1853年サゼラック」誕生
1856年ニューヨークの月刊誌「ザ・ニッカボッカー」で、カクテルを上手に作る人を「ミクソロジスト」と記す
1860年日本で最初のバーが、横浜外国人居留地の横浜ホテル内にできる
1861年「ミラノ-トリノ」誕生、1917年に「アメリカーノ」に改名される 「ブラック・ベルベット」誕生
1862年世界初のカクテルブック『バーテンダーズ・ガイド』をジェリー・トーマスが出版する
1865年コーディアル・ライム・ジュースが開発される
1870年代コリンズ類】がイギリスに登場
1870-1880年デイジー類】【フィズ類】がアメリカに登場
1870年頃マティーニ」起源説① ジュリオ・リシュリューの酒場でカクテル「マルティネス」が出される
1874年マンハッタン」起源説②
ニューヨークのマンハッタン・クラブで催された晩餐会披露される。
考案したのは英国首相チャーチルの母親レディ・ランドルフ・チャーチル(ジェニー・ジェローム)と言われている。
1870年代後半人工製氷機が開発される
1880-1890年ホーセズ・ネック」誕生
1882年『バーテンダーズ・マニュアル』をハリー・ジョンソンが出版する
1884年アドニス」誕生
1887年マティーニ」起源説② ジェリー・トーマス著『バーテンダーズ・ガイド』改訂版に「マルティネス」のレシピが掲載される
1888年オールド・ファッションド」誕生
スプリッツァー」誕生
1880年代末クーラー類】がアメリカに登場
1890年ギムレット」誕生
バンブー」誕生
1890年代スティンガー」誕生
ギブソン」誕生
1890-1895年ハイボール類】がアメリカに登場
1890-1900年パフ類】がアメリカに登場
1894年ミリオンダラー」誕生
ロブ・ロイ」誕生
1895-1898年クバ・リブレ」誕生
1896年ダイキリ」誕生
マティーニ」起源説③ トマス・スチュアートが『スチュアートの粋なカクテルとそのつくり方』の中で、「マルケリート・カクテル」のレシピを掲載

20世紀

 20世紀は世界中で新しいカクテルが創り出される。
カクテルの中心地だったアメリカは禁酒法時代に入る。
その影響で海外、特にヨーロッパで新しいカクテルが多く生み出されることになる。

カクテル
Bishwas BajracharyaによるPixabayからの画像
時代できごと
1900年頃リッキー類】がアメリカに登場
1900-1910年グラスホッパー」誕生
1904年ドライ・マティーニ」のレシピが、パリで出版された『アメリカン・バー』で公開される
1910-1915年シンガポール・スリング」誕生
1910年以降イギリスやスペインを除くヨーロッパの国々でアプサンの販売が禁止される
1912年アメリカ農務省がアブサンとアブサンを使った飲料物全ての製造販売を禁止する
1915年エル・プレジデンテ」誕生
1918年カイピリーニャ」誕生
1919年ネグローニ」がイタリアのフィレンツェで誕生し、1962年にレシピを公開する
1920年代アラスカ」誕生
オールド・パル」誕生
ピスコ・サワー」誕生
1920-1933年アメリカで「禁酒法」が施行され、バーテンダーがヨーロッパへ
1920-1930年バック類】がイギリスに登場
1922年アレクサンダー」誕生
1922-1923年ホワイト・レディ」誕生
1925年フレンチ75」誕生
1925年ミモザ」誕生
1929年モヒート」誕生
1928-1930年フローズン・ダイキリ」誕生
1930年代1920年代に開発されたブレンダー(ミキサー)が製品化される
1930年『サヴォイ・カクテル・ブック』をロンドンのハリー・クラドックが出版する
1931年サイドカー」誕生
1934年ゾンビ」誕生
1937年ビー・アンド・ビー」誕生
1939年ブラッディー・メアリー」誕生
ピンク・ダイキリ」誕生
アイリッシュ・コーヒー」誕生
1940年代スクリュードライバー」誕生
1941年モスコー・ミュール」誕生
1944年マイ・タイ」誕生
1946年スコーピオン」誕生
ウォッカ・マティーニ・エクストラ・ドライ」誕生
1948年ベリーニ」誕生
1949年マルガリータ」誕生
ブラック・ルシアン」誕生
1950年青い珊瑚礁」誕生
1951年国際バーテンダー協会の発足
1951年1945年にディジョンで創作された「ヴァン・ブラン・カシス」が「キール」に改名
1952年「ジェームズ・ボンド」シリーズ第1作『007 カジノ・ロワイヤル』で、作者考案のカクテル「ヴェスパー」を登場させる
1954年ピニャ・コラーダ」誕生
1958年雪国」誕生
1968-1970年ハーヴェイ・ウォール・バンガー」誕生
1960年代末テキーラ・サンライズ」誕生
1969年モット社がクラマトをカリフォルニアで発売
1971年フローズン・マルガリータ」誕生
1972年ゴッド・ファーザー」誕生
1970年代後半セックス・オン・ザ・ビーチ」誕生
1980年代コスモポリタン」誕生
1980-1990年ファジーネーブル」誕生
1980-1987年ロング・アイランド・アイスド・ティー」誕生
1983年エクスプレッソ・マティーニ」誕生
1988年トム・クルーズ主演の映画、「カクテル」公開
1990年カイピロスカ」誕生

あとがき

 現代のスタンダード・カクテルが誕生したのは主に19世紀、20世紀なのである。
誕生には諸説あるものが多く、今後その起源が明確になるものは少ないだろう。
ここでは取り上げないが、それぞれのカクテルにそれぞれのエピソードがあり、とても興味深い。
カクテルの歴史を知ることで、深く味わうことができるようになる。