ウイスキー蒸留所【スコットランド マル島】トバモリー

HOME

文字数:約1000文字

 スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。
アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。
地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。

●トバモリー

・基礎データ、場所

マル島地図
トバモリー蒸留所場所
  • 蒸溜所名:トバモリー蒸溜所
  • 英字:Tobermory
  • 意味:ゲール語で「メアリーの井戸」という意
  • 創業:1798年
  • 仕込み水:ミシュニシュの湖
  • 蒸留器:バルジ型
  • 現所有者:ディステル・グループ社
         (南アフリカの企業で、ブナハーブン、ディーンストンも所有)
  • 輸入元:コルドンヴェール(株)

 ヘブリディーズ諸島のマル島にある唯一の蒸溜所
マル島のトバモリーという港町は、かつてはレダイグという村であった。
レダイグはゲール語で「安全な港」という意味。

 トバモリー蒸留所では、ノンピートのトバモリーと、
ヘビーピートのレダイグの商品をリリースしている。
両方とも村、町の名前から付けられている。
ウイスキーの他に、ジンも造っている。

トバモリー蒸留所
https://www.flickr.com/photos/96196168@N00/2729111382/in/photostream/

・特徴

・味わい

 トバモリーは、ノンピートで、ややフレッシュなミントの香りがする。
少しモルティーな味わいがあり、ライトで飲みやすい。

 レダイグは、ヘビーピートで、スモーキーさがあり、しっかりしている。
アイラモルトに近い感じがある。

・経緯

トバモリー蒸留所
https://tobermorydistillery.com/

 トバモリー蒸留所は幾度となくオーナーが代わり、閉鎖と操業を繰り返してきた。
創業は1798年に海運商人のジョン・シンクレアが蒸留所を建設。
15年間の操業の後、1837年から1878年まで閉鎖される。

その後、DCL(ディスティラーズ・カンパニーLtd)の傘下に入るが、1930年代には再び休止してしまう。
休止中には、ブランド名や在庫を売却されたが、1993年にバーン・スチュアート社の傘下に入る。
さらに買収は繰り返され、2013年に現オーナーのディステル社に落ち着く。

2019年には蒸留所の大改修を終えて、生産も安定してきている。
これからはアイランズモルトらしい、マル島の特徴ある製品が期待される。

●あとがき

 トバモリー、レダイグともに知名度が低い。
これまではオーナーが転々としていることにより、不安定だったが、
現在は色々な新しいことに挑戦している。
ホームページでは製品ラインナップも充実している。
Tシャツやマスク、塗り絵などもありユニークが、方向性をしっかり持って、頑張ってほしい。

¥5,478 (2022/03/04 18:43時点 | Yahooショッピング調べ)
¥5,380 (2022/03/04 19:02時点 | Yahooショッピング調べ)
¥14,540 (2022/03/04 19:03時点 | Yahooショッピング調べ)