図解■ ジンの輸出入量【アメリカ】

HOME

文字数:約1800文字

 世界的にジンの人気が高まる中、アメリカのジン輸出入はどうなっているのだろうか。
経済大国アメリカの輸出入は世界の経済に影響を与える。

 DISCUS(Distilled Spirits Council)のデータをもとに、
アメリカのジン輸出入量をまとめたので、見てみよう。

アメリカのジン輸出入量

アメリカのジン輸出入量
グラフ

 直近5年間のデータでは、輸出量、輸入量ともに増加傾向にある。

 輸出量は輸入量に比べると1/5ほどだが、増加率が高い。
パンデミック前の2019年輸出量から2022年には約60%増加している。
輸入量の増加率は2019年から2022年で約24%である。

 ではアメリカのジンはどこに国に輸出されているのだろうか。

アメリカのジン輸出先

アメリカのジン輸出先
グラフ

 アメリカがジンを最も多く輸出しているのはスペインである。
スペインは全体の69%を占めており、他国を大きく引き離している。
スペインがアメリカから多くを輸入するのは植民地時代の名残なのだろうか。

 2位はカナダで、全体の9%を占める。
3位オランダ、4位メキシコ、5位イギリスである。
日本は9位にランクインしている。

 以下が、アメリカのジン輸出先TOP20ランキング(2022年)である。
アメリカはスペインへの輸出量が著しく多いが、
それ以外は世界中の国々にジンを輸出している。

順位輸出先輸出量[千ガロン]シェア
1SPAIN1,585,19469.4%
2CANADA202,0108.8%
3NETHLDS73,8823.2%
4MEXICO71,7763.1%
5U. KINGDOM71,6083.1%
6KOREA, S.45,4362.0%
7BAHAMAS39,0941.7%
8AUSTRALIA27,8731.2%
9JAPAN16,3080.7%
10TAIWAN13,6910.6%
11PANAMA13,4860.6%
12DOM REP13,0410.6%
13ITALY11,3980.5%
14SINGAPORE10,4120.5%
15HONG KONG10,3100.5%
16TURKEY8,2170.4%
17PERU5,7630.3%
18JAMAICA5,7130.3%
19BRAZIL5,0460.2%
20CAYMAN IS4,3540.2%

アメリカのジン輸入元

アメリカのジン輸入元
グラフ

 アメリカが輸入しているジンの約85%がイギリスからである。
ダントツでイギリスのジンを輸入していることがグラフからわかる。
アメリカは本場イギリスのジンが大好きなようだ。

 2位は隣国カナダで5%で、輸入も輸出も2位をキープしている。
3位フランス、4位日本、5位アイルランドと続く。
輸入元はやはりヨーロッパからが多いようだ。

 以下が、アメリカのジン輸入元TOP20ランキング(2022年)である。

順位輸入元輸入量[千ガロン]シェア
1U. KINGDOM9,651,36285.4%
2CANADA566,0505.0%
3FRANCE255,8712.3%
4JAPAN189,8831.7%
5IRELAND128,4791.1%
6ITALY108,9981.0%
7SPAIN107,3891.0%
8GERMANY94,5310.8%
9NETHLDS53,9010.5%
10BRAZIL26,1650.2%
11MEXICO18,8990.2%
12AUSTRALIA12,7290.1%
13AUSTRIA10,6920.1%
14ICELAND9,9640.1%
15SWEDEN9,3500.1%
16INDIA6,9980.1%
17S. AFRICA6,8530.1%
18ESTONIA4,3160.0%
19NORWAY4,1360.0%
20PHILIPPINES4,0630.0%

アメリカのジン輸出入額

アメリカのジン輸出入額
グラフ

 ジンの輸出入額の推移も見ておこう。
輸入量は増加傾向にあったが、輸入額はやや横ばい感がある。
2019年と2022年を比べても若干増加してるが、勢いは感じない。

 輸出額はパンデミックでも増加を続けて、2019年から2022年には約4倍に増加している。
アメリカのジン輸出には勢いがみられる
今後、日本でもアメリカのクラフトジンを目にする機会が増えるかもしれない。

あとがき

 アメリカのジン輸出は増加傾向にある。
その勢いや強く、今後も伸びが期待される。
アメリカは何でもクラフト系が好きなので、クラフトジンも多数ある。
変わり種のジンもあるので、日本でもアメリカの独特なジンを見かけたら試してみるのもいいだろう。