• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年10月4日

    文字数:約1600文字

     ポルトガルの酒精強化ワインであるポートワインの種類を紹介しよう。
    黒ブドウ原料のレッド・ポートと、白ブドウ原料のホワイト・ポートに分けられる。
    レッド・ポートはさらに、ルビーとトウニーに分けられる
    また、それぞれがさらに数種類に分類される。

    ポートワインの種類
    https://www.ivdp.pt/pt

    ルビー・ポート(Ruby Port)

     黒ブドウを原料として造られる、赤ワイン。
    ポートのなかで、最も生産量が多いタイプ。

    ルビー色
    Brigitte WernerによるPixabayからの画像
    • ルビー(Ruby)
       複数収穫年のブレンドで、樽で平均熟成年数3年程度のもの。

    • クラステッド(Crasted)
       複数収穫年のブレンドで、澱引きなしで、3年以上瓶熟成されたもの。
       クラストは「澱」の意味で、飲む際にはデカンタが必要。

    • レゼルヴァ(Reserva)
       複数収穫年のブレンドで、平均熟成年数10年未満のもの。

    • LBV(Late Bottled Vintage)
       単一収穫年のブドウを使い、4~6年樽熟成してから、瓶詰されたもの。

    • ヴィンテージ(Vintage)
       単一収穫年のブドウを使い、2~3年樽熟成後、10年以上瓶熟成されたもの。
       澱引きしないため、飲む際にはデカンタが必要。

    • シングル・キンタ・ヴィンテージ(Single Quinta Vintage)
       単一収穫年、単一畑のブドウを使った、ヴィンテージ。
       キンタは「畑」の意味。

    トウニー・ポート(Tawny Port)

     黒ブドウを原料として造られる、黄褐色のワイン。
    トウニーは、「黄褐色」の意味。

     熟成中に空気と触れさせることで、酸化が進み、赤から黄褐色に変化する
    熟成年数が長いほど、赤みが抜けて琥珀色に近づく。

    黄褐色
    Carlos A GonzalezによるPixabayからの画像
    • トウニー(Tawny)
       複数収穫年のブレンドで、樽で平均熟成年数3年程度のもの。

    • レゼルヴァ(Reserva)
       複数収穫年のブレンドで、平均熟成年数7年未満のもの。
       10年以上熟成されたものには、10年、20年、30年、40年と年数表記される。

    • コリェイタ(Colheita)
       単一収穫年のブドウを使い、7年以上樽熟成されたもの。
       コリェイタは「収穫(ハーヴェスト)」の意味。

    ●ホワイト・ポート(White Port)

     白ブドウを原料として造られる、白ワイン。
    辛口が多く、スッキリさを特徴付けるために最低アルコール度数の16.5%が多い

    ホワイト
    マサコ アーントによるPixabayからの画像
    • レゼルヴァ・ブランコ(Reserva Branco)
       複数収穫年のブレンドで、7年以上樽熟成されたもの。
       10年以上熟成されたものには、10年、20年、30年、40年と年数表記される。

    • コリェイタ・ブランコ(Colheita Branco)
       単一収穫年のブドウを使い、7年以上樽熟成されたもの。
       コリェイタは「収穫(ハーヴェスト)」の意味。

    その他

     上記以外にも、ロゼ・ポートやほとんど見かけないガラフェイラがある。

    ・ロゼ・ポート(Rose Port)

    ピンク色
    PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

     マセラシオンを軽めに行ったもの。
    マセラシオンとは、アルコール発酵をブドウの果皮や種と一緒に行うこと
    赤ワインの造り方であり、白ワインでは果汁しか使わない。

     軽めのマセラシオンにすることで、レッド・ポートほどの赤みがなく、
    ピンク色のポートが造られる。

    ・ガラフェイラ(Garrafeira)

     ガラフェイラは、単一収穫年のブドウを使い、5年ほど樽熟成した後、
    大きな瓶に移し替えて熟成させる
    その後、澱引きして通常の瓶に詰められる。

     ガラフェイラは、ガラファ(Garrafa)(「瓶(ボトル)」の意味)からきた言葉。
    プライベートストックのようなもので、日本にはあまり出回らない

    あとがき

     ポートワインの種類は、とりあえず、ルビー、トウニー、ホワイトを覚えておけばよいだろう。
    ポートワインを置いている飲食店は少なく、種類を取り揃えているお店はさらに少ない。
    色々試してみたいなら、ネットで購入するのが手っ取り早い。
    酒精強化ワインなので、開封後の消費期間を気にせずに楽しめる。

    ¥1,480 (2022/10/04 20:57時点 | Yahooショッピング調べ)
    ¥1,446 (2022/10/04 20:59時点 | Yahooショッピング調べ)
    ¥1,310 (2022/10/04 21:01時点 | Yahooショッピング調べ)
    SNSシェア