• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年9月11日

    文字数:約1100文字

     2020年の一人当たりのビール消費量と、各国の一人当たりの消費量推移をまとめた。
    データはキリンが公開しているものをもとにした。

    ビール
    Daniel RecheによるPixabayからの画像

    一人当たりのビール消費量ランキング2020【世界】

    世界の一人当たりのビール消費量2020
ランキング

     1位はチェコで、ほぼダブルスコアで2位と差をつけている。
    1993年から28年間、1位を守り続けている
    1993年にチェコスロバキアが、チェコとスロバキアに分離したが、
    チェコスロバキア時代から首位を争っていた。
    分かれたスロバキアも9位という高順位をつけている。

     TOP10内では7位のナミビアを除くと全てが欧州勢である。
    やはりビールとの歴史が長い欧州ではよく飲まれていることがわかる。

     アフリカ勢は7位のナミビアを筆頭に、12位ガボン、13位コンゴ共和国と続く
    アメリカは17位で72.8Lだが、もっと飲んでいそうなイメージがある。
    オーストラリアも19位でTOP20に滑り込んだ。

     日本はビール離れが進んで52位である。
    この数値は、ビール・発泡酒・第3のビールの合計である。
    他国に比べて、そもそもアルコールに強い人種ではないのである。

    一人当たりのビール消費量推移【世界】

    世界の一人当たりのビール消費量推移
グラフ

     2020年の上位10カ国+日本の20年の推移をまとめた。
    世界的なパンデミックの影響で2020年は各国減少するのかと思えばそうではないようだ。
    減少する国が多い中で、増加する国もあることがわかる。

     28年間1位を守り続けているチェコは2017年に急増している。
    これはビールの消費量が急激に増えたわけではなく、チェコが人口集計方法を訂正したのである。
    この集計方法を使った2017年以前のデータがないので詳細は不明だが、
    おそらく170~180Lくらいで上昇傾向にあったのではと予想する。

     グラフを見るとアイルランドの減少が激しい
    2000年は149Lだったのが、減り続けて2020年には82Lと半分近くになっている。
    世界中で飲まれているギネスビールも、アイルランド国内のビール離れを食い止められないようだ。
    ハイネケンの生産国オランダは惜しくも22位である。

     アイルランドほどではないが、ビール大国ドイツでも減少が続いている
    TOP20入りしていないビール大国ベルギーもこの20年で減少傾向である。
    これまでビールの消費を支えてきた欧米諸国が減少傾向にある。
    その反面、今後はアフリカやアジアの国々がビール消費を支える新時代がやってくる。

    あとがき

     日本では仕事終わりにビールを飲むシーンが定番である。
    外でも内でもビールが飲まれているが、世界ではその3倍を飲んでいるのである。
    日本は他国に比べてビール税が高い。
    その高い税を回避するために、発泡酒や第3のビールが開発されたが、
    それらにかかる税金も他国に比べるとまだ高い。
    ビール消費量には、各国それぞれの国内情勢も影響する。



    SNSシェア