図解■ レーダーチャートで見る ワインの生産量、消費量、輸出入量2022【世界】

HOME

文字数:約1500文字

 世界各国で消費されているワインだが、その動向は国によって様々である。
生産量、消費量、輸出量、輸入量の4つのデータをレーダーチャートにまとめた。
グラフ化することで、各国のワイン動向が理解しやすくなる。

 国際ブドウ・ワイン機構(OIV:International Organisation of Vine and Wine)
公表しているデータを基にして、2022年の動向を見てみよう。

ワインの生産量と消費量

ワインの生産量と消費量
グラフ

 上のグラフはワインの生産量と消費量を散布図にまとめたものである。
生産量と消費量が同量になる中心線を境にして、輸出型と輸入型に分けることができる。
中心線に近い場合は自給自足である場合が多い。

 自国の生産量が消費量を大きく上回っている国は超過分を輸出していることになる。
イタリア、フランス、スペイン、チリ、オーストラリア、南アフリカなどである。

 逆に自国の生産量よりも消費量が大きい国は、不足分を輸入していることになる。
アメリカ、ドイツ、イギリス、中国などである。
日本も生産量よりも消費が活発であり、多くのワインを輸入している。

レーダーチャート(生産量、消費量、輸出入量)

 生産量、消費量、輸出入量から大きく3つの傾向に分類できる。

  • 輸入型
  • 輸出型
  • 自給自足型

・輸入型

生産量と消費量と輸出入量
日本
グラフ

 日本は輸入型に分類できる。
自国で生産しているが、生産量よりも消費量のほうがかなり大きい。
輸出はかなり少なく、自国で生産した分のほとんどが国内で消費されている。
さらに生産量よりも輸入量のほうが多いのである。

生産量と消費量と輸出入量
ドイツ
グラフ
生産量と消費量と輸出入量
オランダ
グラフ
生産量と消費量と輸出入量
カナダ
グラフ

 ドイツ、オランダ、カナダも同様の傾向がある。
ドイツやカナダは輸出もしており、お店で見かけることも多いが、
国内消費量に比べると輸出量は少なく、輸入量が多いことがわかる。
レーダーチャートについている☆は2022年の各量TOP4を示している。

生産量と消費量と輸出入量
イギリス
グラフ

 極端な輸入型の国は、イギリスである。
イギリス国内のワイン消費はほぼ輸入に頼っている
近年では温暖化の影響で、イギリスでもワイン用のブドウが栽培できるようになってきたが、
ワイン生産量としては微々たるものである。
昔からイギリスはワインの輸入大国なのである。

・輸出型

生産量と消費量と輸出入量
イタリア
グラフ
生産量と消費量と輸出入量
フランス
グラフ
生産量と消費量と輸出入量
スペイン
グラフ

 生産量が国内消費量を大きく上回っている国が輸出型である。
自国のワインが他国に強く求められているのである。
イタリア、フランス、スペインなどのヨーロッパのワイン生産大国は多くを輸出している

生産量と消費量と輸出入量
オーストラリア
グラフ
生産量と消費量と輸出入量
ニュージーランド
グラフ
生産量と消費量と輸出入量
南アフリカ
グラフ