バーでの過ごしかた

HOME

文字数:約2800文字

 本格的なバーに行ってみたいが、敷居が高い、入りずらい、金額が高そうと感じている人が多い。
バーは非日常を味わえる空間であり、お客を含めてその場にいる人たちでつくりあげている。
ここではオーセンティックなバーに行く際の注意点や心構えなどを紹介する。

バー
David MarkによるPixabayからの画像

入店前

・服装はそれほど気にしなくてよい

 短パンやTシャツ、サンダルなどは場の雰囲気に合わないのでやめておこう。

・香水や整髪料などの香りは強くないものを

 お酒自体の香りを楽しむために、身の回りの香料は抑えめのほうが良い

・人数は少数で

 お店にもよるが大人数ではワイワイする場ではないところが多い。
 できれば1、2人がベスト。3人以上になる場合は事前に確認すると確実。

・現金の準備

 スマホ決済やカードが使えるお店が増えてきているが、現金のみのお店もまだ多い。
 初めての場合は気持ち多めに持っていくと余裕ができる。
 飲むものにもよるが一人当たり1万円くらいあれば足りるだろう。

・スマホ、携帯電話はマナーモードに

 バーという静かな空間で着信音は雰囲気を台無しにするので、気を付けよう。

●入店

扉
Warren MillerによるPixabayからの画像

・扉を静かに閉める

 意外とできていない人が多いのが扉をちゃんと閉めること。
 バーに限らずどこでも、扉は自動で閉まるが、音が響く場合がある。
 扉側の席にいるお客にとって、とても気になるので静かに閉めるのがベター。

・人数を伝える

 入店したらバーテンダーやスタッフに人数を伝える。
 お酒を作っている時はすぐに対応できないことがあるので、
 声をかけられるまで入り口で少し待とう。

・アルコール消毒する

 現在ではほとんどのお店で手を消毒する用のアルコールが置かれている。
 コンビニや居酒屋などと同様。
 事前にお酒を飲んできたときは、酔っているのでつい忘れがちになる。

・席に着く

 「こちらのお席へ」や「おすきなお席へ」と案内されるので、指示に従う
 カバンなどはカウンターや隣の席に置くのはNG
 足元か自席の背中に置くか、もしくは付近にフックがあればそこに掛ける。
 コートなどあれば周りを見回してハンガーがあれば掛ける。
 スタッフがクローゼットにしまってくれる。

●注文

メニュー
DorotheによるPixabayからの画像

 メニューがあれば渡されるので、そこから注文してもしてよいし、
 棚に並んでいるものからでもよい。
 メニューがなければ「ご注文は?」や「何になさいますか?」などと聞かれる。
 飲みたいものが決まっているなら、それがあるか聞くとよい。

 バーが不慣れなら、あまり詳しくないことを伝えて、バーテンダーと一緒に決めよう。
 「おまかせで」や「おすすめで」、「自分をイメージしたカクテルを」などの注文はやめておこう。

  カクテルを飲みたいなら、甘め辛め、アルコールの強弱、炭酸有無、フルーツなど
 聞かれるので、どのようなものが飲みたいか具体的に伝える
 詳しくはないけどウイスキーなどを飲んでみたいなら、
 いくつかセレクトしてくれるので、説明を聞いて選ぶ。

 ストレートやロックなどの飲み方があるので、それも会話して決めよう。
 たいてい「チェイサー(水)」も一緒に出てくる。
 居酒屋でないので大声で「すみませーん」と呼ぶのは恥ずかしい
 バーテンダーやスタッフのほうを見て、目が合えば、軽く手をあげるのがスマートである。

●マナー

酔っ払い
Here and now, unfortunately, ends my journey on PixabayによるPixabayからの画像

 注文が済み、提供されたお酒を撮影する場合は、写真を撮っていいか確認する
 カクテルに刺さっているピンは外してコースターの端に置くとよい。

 今飲んでいるお酒のボトルが目の前に置かれることがあるが、勝手に触ってはいけない。
 許可を得てもあまりベタベタと触らないようにし、フタを開けるのは論外である。
 他のお客もそのボトルからお酒を飲むことを忘れずに。

 当然だが、飲み過ぎて酔っぱらってはいけない
 知ったかぶりや偉そうにするのはカッコが悪い。

 常に緊張している必要はないが、カウンターに肘をつくのやめたほうがよい。
 トイレは男女共有のお店が多いので、男性は座ってするように。

・タバコ

タバコ
haiberliuによるPixabayからの画像

 喫煙店でもタバコは周りに配慮が必要