図解■ スコッチウイスキーの販売量ランキング2021【世界】

HOME

文字数:約1000文字

 世界中で最も飲まれているスコッチウイスキーはどのブランドなのか?
人気のシングルモルトはどの程度飲まれているのか?

 イギリスのDrinks Internationalのデータをもとに、
販売量(売上)のランキングをまとめた。
販売量推移もグラフで示す。

 パンデミック2年目の2021年はどのようになっているのか見てみよう。

関連記事 ↓

スコッチウイスキー販売量ランキング2021

スコッチウイスキーの販売量ランキング2021

 世界で最も飲まれているスコッチはジョニーウォーカーである。
2位と倍以上の差をつけて、ダントツの1位。
ジョニーウォーカーは10年以上も首位を保ち続けている

¥1,690 (2023/01/29 18:10時点 | Yahooショッピング調べ)

 2位はバランタインで、このツートップは不動である。
3位はグランツ守り抜いたが、4位のシーバスリーガルとの差はわずか。

 5位ウイリアム ローソンズ、6位ブラック&ホワイト、7位J&B、
8位デュワーズ、9位ウイリアム ピール、10位ホワイトホースと続く。
5位以下は混戦状態である。

¥2,222 (2023/01/29 18:13時点 | Yahooショッピング調べ)

スコッチウイスキー販売量推移

スコッチウイスキーの販売量推移
グラフ

 多くのブランドがパンデミックの影響で2020年は販売量が激減した。
そして2021年に回復の差が出ている。

 1位のジョニーウォーカーはパンデミック前の水準まで回復している
2位のバランタインは販売量を大きく伸ばしてジョニーウォーカーを追撃している。

 3位のグランツ、4位のシーバスリーガルは回復しているが、
パンデミック前の水準までは達していない。
ウイリアム ローソンズ、ブラック&ホワイトは2020年を例年の水準で乗り切り、
2021年も順調に販売量を増やしている。

 J&Bは7位に入っているが、減少傾向は続いている。
ラベル5は何事もなかったかのように横ばいが続く。
最も勢いがあるのはホワイトホースだろう、2017年から増加傾向にある。

ホワイトホース
¥1,826 (2023/01/29 18:16時点 | Yahooショッピング調べ)

 2020年にザ・グレンリベットがグレンフィディックを僅差で抜いて、
モルトウイスキーで初の首位となった。
そして2021年に差を広げて、ザ・グレンリベットがモルトの首位を維持している。

 ブレンデッドウイスキーが販売量の9割を占めるといわれるなか、
モルトウイスキーの健闘に注目したい。
今後、ザ・グレンリベット、グレンフィディックに続くブランドが
ランクインすることを期待する。

¥3,850 (2023/01/29 18:20時点 | Yahooショッピング調べ)