ウイスキー蒸溜所【スコットランド アイラ島】ブナハーブン

HOME

文字数:約900文字

 「スコッチ」、「アイラ」と聞いて、思い浮かべるのは「ピート香」であろう。
しかしアイラ島にある蒸留所によって、一概にピートが強いとは言えない。
それぞれの蒸溜所に特徴がある。

●ブナハーブン

・基礎データ、場所

アイラ島地図
  • 蒸溜所名:ブナハーブン蒸溜所
  • 英字:Bunahabhain (これでブナハーブンと読むのが不思議)
  • 意味:ゲール語で「河口」の意
  • 創業:1881年
  • 仕込み水:マーガデイル川
  • 蒸留器:ストレート型
  • 現所有者:ディステル・グループ社 (南アフリカの企業で、ディーンストン、トバモリーも所有)
  • 輸入元:アサヒビール(株)

 アイラ島の蒸溜所中、最北端にある蒸溜所
蒸溜所からは対岸にジュラ島が見える。
人里離れた立地のため、創業当時は流通経路が悪く、道路建設から始めなければなかった。
そのため、蒸溜所創業から生産がスタートするまでに3年もかかっている。

ブナハーブン蒸溜所
https://theislayhotel.com/amenity-post/bunnahabhain/

・特徴

・味わい

 2000年頃まではノンピートであることで、ライトで繊細さが特徴だったが、
1990年代後半から試験的にピートを焚き込んだものを仕込み、2000年代前半に商品化した。
その後、ノンピートとピートの両方を扱うようになる。
当時の「アイラモルトブーム」に乗っかる形でピート商品を造ったのは、正しい判断だったのだろう。

・ラベル

ブナハーブンラベル表
表ラベル
ブナハーブンラベル裏
裏ラベル

 表ラベルには船乗りが遠くを眺めながら舵を握る絵、
裏ラベルには「Westering Home(西の故郷へ海路を進む)」の歌詞が印刷されている。

・ブレンド

 ブナハーブンはブレンデッドウイスキーの原酒としても使われている。
カティサーク」や「ブラックボトル」である。
ブラックボトルは発売当時、アイラ島の全蒸留所(7つ)のウイスキーが
ブレンドされていることで話題となった。

●あとがき

 ブナハーブンは他のアイラモルトに比べると落ちついたイメージがある。
それはノンピートの印象が強いからだろう。
現在はピートの商品も出しているが、ノンピートの繊細で穏やかな風味を好む人も多い。
他の蒸留所と同様に所有者がコロコロ変わるので、今後どのような商品が出てくるのか注目したい。

ブナハーブン
¥4,224 (2022/02/20 20:49時点 | Yahooショッピング調べ)
ブナハーブン
¥6,480 (2022/02/20 20:51時点 | Yahooショッピング調べ)
¥11,616 (2022/09/04 17:02時点 | Yahooショッピング調べ)
ブナハーブン
¥39,980 (2022/02/20 20:53時点 | Yahooショッピング調べ)
カティサーク
¥2,580 (2022/02/21 19:54時点 | Yahooショッピング調べ)
¥2,280 (2022/02/23 21:10時点 | Yahooショッピング調べ)