• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年9月1日

    文字数:約900文字

     一昔前までは麦焼酎が原料別生産量の割合で、もっともシェアをもっていた。
    しかし現在は芋焼酎が麦焼酎を向いて第一位となっている。
    公開されているデータをまとめてみた。

    ●原料別の生産量割合推移

     日本酒造組合中央会調べのデータから、原料別の生産量割合をグラフにした。

    原料別生産量割合グラフ

     グラフからは、芋焼酎が2000年以降シェアを伸ばしていることがわかる。
    他の原料焼酎は芋焼酎にシェアを奪われて、割合を落としている。
    では生産量はどのようになっているか見てみよう。

    ●原料別の生産量推移

    原料別生産量グラフ

     1990年代の終わりに第三次焼酎ブームが到来し、本格焼酎が人気になった。
    その影響で2000年代から芋焼酎の生産量が急増している。
    麦焼酎はそれまでも増加してたが、やはり2000年代に入ってから急増しているのがわかる。

     そして2009年に芋焼酎と麦焼酎の生産量が逆転している。
    その後、麦焼酎は生産量を緩やかに減らし続け、芋焼酎は増えた生産量を維持している。

    ●原料別構成比の比較

     原料別構成比が1999年と2019年の20年間でどのように変化したか比較してみる。

    原料別構成比の比較
グラフ

     この20年で、そば焼酎は1/3に、米焼酎と泡盛は約2割減である。
    麦焼酎は微減芋焼酎は生産量を約3倍に増やしている。

     芋焼酎は伸ばした生産量を維持できている。
    芋焼酎の特徴は、なんといってもフルーティーな香りと、しっかりした味わいである。
    現代の消費者はわかりやすさを好むということだろうか。

     芋焼酎は他の原料に比べて、原料種のバリエーションが豊富だ。
    サツマイモの種類が白系、紫系、オレンジ系などがあり、味、香りともに違いが出やすい。
    米や麦では原料種で、芋ほどの明確な違いを出せていない。
    このあたりにポイントがあるのかもしれない。

    ●あとがき

     焼酎と言えば芋を思い浮かべる人に、
    構成比では麦のほうが多いと教えていた時代は過ぎ去ったようだ。
    焼酎と言えば芋でおおむね間違いということである。
    米や麦などのほのかな香り、味わいの競合は日本酒であろう。
    日本酒はかなりの強敵である。
    では芋焼酎の競合は、ウイスキーハイボールやワインだろうか。
    国内でのパイの取り合いは、苛烈さを増していく。