日本酒の温度

HOME

文字数:約1000文字

 日本酒は飲む温度によって味わいも香りも大きく変わる
ここまで温度の変化を楽しめるお酒は他にはない。
温度帯によって呼び方があるのも、魅力のひとつだ。

温度計
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

●温度帯、呼び名

温度呼び名よみ特徴
 55℃以上 飛び切り燗とびきりかん燗の中で最も高い温度。
徳利を持つと指が熱く感じる。
味わいはかなり辛口になる。
 約50℃  熱燗あつかん徳利から湯気が立ち、持つと熱さを感じる。
シャープな味わいと香りになる。
 約45℃  上燗じょうかん徳利を持つと暖かさを感じる。
ふくらみのある味わい
香りは引き締まりはじめる。
 約40℃  ぬる燗ぬるかん体温よりも少し高めの温度。
口に含むとじんわりと温かく感じる。
香りや味わいの広がりをもっとも感じられる
 約35℃  人肌燗ひとはだかん体温と同じくらいの温度。
口に含むと少しぬるく感じるくらい。
ふわりと香り、口当たりがやわらかい。
 約30℃  日向燗ひなたかん体温より少し低い温度。
ノドをするりと流れる。
香りはやや立ちはじめ、味わいはなめらか
 約20℃  常温(=冷や)じょうおん室温での温度。
”冷や”と”冷酒”は違う
香り、味わいともにバランスが良い
 約15℃  涼冷えすずびえ冷蔵庫に入れられているものが冷酒。
冷蔵庫から出して、少し置いた温度。
香りは華やかで、ややとろみがある
 約10℃  花冷えはなびえ冷蔵庫から取り出してすぐの温度。
香りは抑えられ、キリッとした味わいに。
時間ともに温度変化が楽しめる。
  約5℃  雪冷えゆきびえ瓶に霜が付く温度。
香りはほぼ感じられず、すっきりした味わい

●温度変化の特徴

・温かくする

 香りが開き、味わいに幅が出てくる。
 まろやかになり、ふんわりとしたイメージ。

 温度を体温に近いため、内臓にも優しく、アルコールの吸収も早い。
 このため、時間差であとから酔いが回ることにならない
 血管が拡張し、血行が良くなり、身体を温める即効性の効果がある。

・冷たくする

 香りは引き締まり、味わいはシャープになる。
 クリアで、キリッとしたイメージ。
 繊細な料理のジャマをしない