馬に関連するお酒

HOME

文字数:約5300文字

 馬に関係するお酒をまとめてみた。
定番商品の銘柄やラベル、カクテル名などを紹介しよう。
コラボや限定品は機会があれば紹介したい。

 馬好きの人は、馬のラベルを愛でながらお酒を飲んだり、
競馬好きの人は、幸運のシンボルをゲン担ぎにするもの良いだろう。

馬
👀 Mabel Amber, who will one dayによるPixabayからの画像

日本酒

 日本酒では、以下を紹介する。

  • 上げ馬(あげうま)/細川酒造/三重県
  • 白馬(しらま)/高垣酒造/和歌山県
  • 七冠馬(ななかんば)/簸上清酒合名会社/島根県
  • 白馬錦(はくばにしき)/薄井商店/長野県
  • 左馬(ひだりうま)/有賀醸造合資会社/福島県

・上げ馬(あげうま)/細川酒造/三重県

日本酒 上げ馬
http://www.ji-beer.co.jp/

 上げ馬は、三重県の細川酒造で造られている地酒。
三重県産の米と水を使って造られている。

 名前の由来は、三重県桑名市にある多度大社の上げ馬神事にある。
人馬一体となって、急峻な坂を駆け上がり、断崖を超えた馬の数でその年の豊凶を占う。
歴史の長い神事であり、現代も行われている。

 ラベルには、『馬』の文字が駆け上がるようにデザインされ、
背後に文字を表したような馬が描かれている。

¥1,320 (2023/05/21 18:31時点 | Yahooショッピング調べ)

・白馬(しらま)/高垣酒造/和歌山県

日本酒 白馬
https://takagakishuzo.com/

 白馬は、和歌山県の高垣酒造で造られるにごり酒
粗めの布で濾しているため、もろみの風味が多く残る。

 白馬の名前は、紀伊半島にある白馬(しらま)山脈に由来する。

 ラベルには白馬山脈と、美しい白い馬が描かれている。

・七冠馬(ななかんば)/簸上清酒合名会社/島根県

日本酒 七冠馬
https://sake-hikami.co.jp/

 七冠馬は、島根県の簸上(ひかみ)清酒合名会社で造られている。
簸上清酒は、泡無酵母発祥の蔵とされている。

 七冠馬の名は、GIで史上最多の7勝を達成した七冠馬シンボリルドルフに由来する。
シンボリルドルフが7冠を達成した1986年から10年後の1996年に銘酒七冠馬が誕生。

 ラベルは、走り抜ける馬と力強い文字が印象的だったが、
2022年に七角形の蹄鉄に変更された。
七角形で七冠を表しており、デザインを主体として、
文字は小さめに描かれている。

¥3,960 (2023/05/21 18:34時点 | Yahooショッピング調べ)

・白馬錦(はくばにしき)/薄井商店/長野県

日本酒 白馬錦
https://hakubanishiki.co.jp/

 白馬錦は、長野県の株式会社薄井商店で造られている代表銘柄。
酒蔵のある長野県大町市は、標高750mを超える地にあり、
水は100℃を下回る温度でも沸騰する場所。

 名前の由来は、二代目蔵元の薄井芳介氏が銘峰白馬三山にちなんで名付けた。

 ラベルには、白馬三山とそれを逆さに水鏡、たてがみをなびかせる白馬が描かれている。

¥3,080 (2023/05/21 18:35時点 | Yahooショッピング調べ)

・左馬(ひだりうま)/有賀醸造合資会社/福島県

日本酒 左馬
https://arinokawa.net/

 左馬は、福島県の有賀醸造合資会社で造られている。
創業1774年の老舗酒蔵が手掛ける日本酒。

 左馬は昔から縁起が良いとされている。
そもそも左馬とは、『馬』の字を左右が逆に書いたもの。
『うま』を逆から読むと『まう』→『舞う』となる。
めでたい席で舞いは行われたことが招福を意味する。

 また、馬は人に引かれるものだが、逆は人を馬が引く。
つまり、馬が人を引き連れてやって来ると解釈し、千客万来を意味する。

 ラベルには、『馬』の文字を左右反転させて、イラスト化して描かれている。

¥2,750 (2023/05/21 18:36時点 | Yahooショッピング調べ)

焼酎

 焼酎では、以下を紹介する。

  • 赤兎馬(せきとば)_芋焼酎/濱田酒造/鹿児島県
  • 左り馬(ひだりうま)_麦焼酎/山元酒造/鹿児島県
  • ひむかのくろうま_麦焼酎/神楽酒造/宮崎県
  • 鉄馬(てつうま)_芋焼酎/オガタマ酒造/鹿児島県

・赤兎馬(せきとば)_芋焼酎/濱田酒造/鹿児島県

焼酎 赤兎馬
https://www.sekitoba.co.jp/

 赤兎馬は、鹿児島県の濱田酒造が造る芋焼酎。
多くのラインナップがあり、梅酒やリキュールにも派生している。

 名前の由来は、ご存知通り『三国志』に登場する『赤兎』という馬である。
赤兎は『一日に千里を駆ける』と言われた。
当時の中国の1里は約414mなので、1,000里は約414km。

 ラベルには力強く『赤兎馬』の文字が描かれている。

¥3,654 (2023/05/21 18:37時点 | Yahooショッピング調べ)

・左り馬(ひだりうま)_麦焼酎/山元酒造/鹿児島県

焼酎 左り馬
https://www.satsuma-godai.co.jp/products/hidariuma_mugi/

 左り馬は、鹿児島県の山元酒造が造る麦焼酎。
度数が42度あり、しっかりとした味わいを感じられる。
上述の福島県で造られる日本酒 左馬とは、別物。

 名前の由来は、日本酒の左馬と同様。
左馬は昔から縁起が良いとされている。
そもそも左馬とは、『馬』の字を左右が逆に書いたもの。
『うま』を逆から読むと『まう』→『舞う』となる。
めでたい席で舞いが披露されることから、招福を意味する。

 また、『左馬』の字の下の部分が財布の巾着に似ており、
口が締まって入ったお金が逃げないことを意味する。

 ラベルは、『馬』の文字を左右反転させて、
崩して馬の形に似せたものが描かれている。

¥3,240 (2023/05/21 18:39時点 | Yahooショッピング調べ)

・ひむかのくろうま_麦焼酎/神楽酒造/宮崎県

焼酎 ひむかのくろうま
https://www.kagurashuzo.co.jp/

 ひむかのくろうまは、宮崎県の神楽酒造が造る麦焼酎。
減圧蒸留によって、原料のうまさを引き出している。

 名前の由来は、宮崎県は『古事記』に有数の馬の産地として記述があり
『日向の国(ひむかのくに)』から日本中を駆け巡る焼酎を目指して名付けられた。

 ラベルは、高千穂の地をバックに、赤いたてがみとしっぽの黒馬が描かれている。

神楽酒造
¥1,778 (2023/05/21 18:39時点 | Yahooショッピング調べ)

・鉄馬(てつうま)_芋焼酎/オガタマ酒造/鹿児島県

焼酎 鉄馬
https://www.ogatama.co.jp/item/2010000001-2/

 鉄馬は、鹿児島県のオガタマ酒造が造る芋焼酎。
芋焼酎を樽で長期熟成させており、ほんのりと黄金色をしている。

 鉄馬とは、バイクのこと
オガタマ酒造の造り手にバイク好きが多かったことから命名。
自宅で愛車を眺めながら飲みたくなる製品である。

 ラベルは、武骨な『鉄馬』の文字と、Vツインエンジンが描かれている。

オガタマ酒造
¥2,400 (2023/05/21 18:41時点 | Yahooショッピング調べ)

ウイスキー

 ウイスキーでは以下を紹介する。

  • ウッドフォードリザーブ/バーボン
  • ターコネル/アイリッシュ
  • ブラントン/バーボン
  • ホワイトホース/スコッチ

・ウッドフォードリザーブ/バーボン