シェリーの定義

HOME

文字数:約1600文字

 シェリーとは、スペインで造られる酒精強化ワインである。
さらに詳しくシェリーというものを知ることで、より一層おいしく飲めるようになる。

酒精強化ワイン

シェリー
https://www.sherry.wine/jp

 酒精強化ワインとは、ワインに高い度数の蒸留酒を加えて、アルコール度数を強くしたもの
英語ではフォーティファイド・ワイン(Fortified-Wine)という。
酒精(しゅせい)とは、アルコールのことである。

 通常のワインのアルコール度数は、12%程度なのに対して、シェリーは15~23%である。

 3大酒精強化ワインとして、スペインのシェリーポルトガルのポートマデイラが有名。

 シェリーは、アルコール発酵後に蒸留酒を加えるが、
ポートとマデイラは、アルコール発酵途中に蒸留酒を加える。

 アルコール発酵の途中では、糖分が残っており、甘さが保持され、
アルコール発酵後では、糖分がほとんどアルコールに分解されており、甘さが少ない

原産地呼称

原産地呼称統制委員会
https://www.sherry.wine/jp

 シェリーは原産地呼称法によって定められている。
原産地呼称は、DO(Denominación de origen)と呼ばれ、統制委員会によって厳しく管理されている。
条件を満たしたものには、以下の原産地呼称を名乗ることができる。

  • ヘレス=ケレス=シェリー
    (Jerez/Xérès/Sherry)
  • マンサニージャ=サンルーカル・デ・バラメダ
    (Manzanilla/Sanlucar de barrameda)

 ヘレスはスペイン語ケレスはフランス語シェリーは英語である。

・原産地呼称の主な条件

 主な条件は4つある。

  1. ブドウの栽培地域
    スペイン南部アンダルシア地方の、ヘレスプエルトサンルーカル
    中心とする地域のみ
  2. ブドウ品種
    白ブドウのみで、パロミノ種ペドロ・ヒメネス種モスカテル種に限る。
  3. 熟成地域
    ヘレスプエルトサンルーカルの3地域のみ。
  4. 熟成年数
    熟成は最低2年間の行われなければならない。

 これらの条件の他にも、在庫量の管理やブドウ収穫時の糖度、生産量など細かく規定されている。

ブドウの栽培地域

ヘレス地図
https://www.sherry.wine/jp

 正確には以下の9つの地域である。

  1. ヘレス・デ・ラ・フロンテラ
  2. プエルト・デ・サンタ・マリア
  3. サンルーカル・デ・バラメダ
  4. トレブヘナ
  5. チピオナ
  6. ロタ
  7. プエルト・レアル
  8. チクラナ・デ・ラ・フロンテラ
  9. レブリハ

 これらの地域にある、統制委員会が認めた畑のみとなる。

ブドウ品種

 以下の3種の白ブドウのみが認められている。

  • パロミノ
  • ペドロ・ヒメネス
  • モスカテル

熟成地域

 ヘレスの三角地帯と呼ばれる3つの町でのみ熟成が認められている。

  • ヘレス・デ・ラ・フロンテラ
  • エル・プエルト・デ・サンタ・マリア
  • サンルーカル・デ・バラメダ

熟成年数

シェリー熟成
https://www.sherry.wine/jp

 シェリーには様々なタイプのものがあるが、
どのタイプでも最低2年間の熟成を行わなければならない。

 上限は特にない。
平均熟成年数20年以上のものを、V.O.S.(Vinum Optimum Signatum)(英語のVery Old Sherryとも一致)、
平均熟成年数30年以上のものを、V.O.R.S.(Vinum Optimum Rare Signatum)(英語のVery Old Rare Sherryとも一致)
と表記される。

 20年に達していないものでも、非常に品質の高いと認められたものには、
平均熟成年数12年以上のものを12年
平均熟成年数15年以上のものを15年と表記することができる。

あとがき

 シェリーは原産地呼称法によって厳しく管理されている。
しかし、原産地呼称法があるにかかわらず、20世紀末までは他の国で造られたものもシェリーと名乗っていた。
国際的なルールを守って、厳格に対処されることが、原産地の保護にもつながり、
消費者も品質の良いものが得られる。
しっかりとした定義が重要であるということだ。