ウイスキー蒸留所【スコットランド アラン島】アラン

HOME

文字数:約1100文字

 スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。
アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。
地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。

●ロックランザ(アラン)

・基礎データ、場所

アラン島地図
ロックランザ蒸留所場所
  • 蒸溜所名:ロックランザ蒸溜所
  • 英字:Lochranza(ロッホでなく、ロックと発音するらしい)
  • 意味:ゲール語で「ナナカマド(バラ科の落葉高木)の入り江」という意
  • 創業:1993年
  • 仕込み水:ロッホ・ナ・ダビーから流れるイーサンビオラック川
  • 蒸留器:ストレート型
  • 現所有者:アイル・オブ・アラン・ディスティラーズ社
  • 輸入元:(株)ウィスク・イー

 アラン島北部にあるの蒸溜所
1993年創業の比較的新しいが、最近アランを改名し、ロックランザとした。
島の名前アランから、地域の名前ロックランザに変更したのである。
ボトルラベルのデザインも変わった。
島には同社所有の第二蒸留所である『ラグ Lagg』が2018年に創立された。

アラン蒸留所
ロックランザ蒸留所
http://suleskerry.com/location

・特徴

・味わい

 ノンピートで甘みのあるまろやかさは、ハイランド系に近い。
後熟でラムやワインなど、さまざま樽を使ったウッドフィニッシュの商品を出している。
ピートの効いた商品である『マクリムーア』は、今後ラグ蒸留所に製造を移すことになるだろう。
同社は蒸留所で方向性を分けた商品を展開していくようなので、これからが楽しみである。

・経緯

 かつてアラン島では50以上の蒸留所があり、密造酒が盛んに造られていた。
しかし1837年に最後の蒸留所が閉鎖して、ウイスキー製造は150年以上も空白が続いた。

 1993年にアラン蒸留所の建設を決めたのは、
シーバスブラザーズ社で社長を務めたハロルド・カリー氏である。
ハロルド・カリー氏は、現在のクラウドファンディング的な手法で、資金を集めることに成功した。

 その後のウイスキーブームを追い風に生産量を増やし、さらにビジターセンターも充実させた。
アラン島はグラスゴーからのアクセスが良く、多くの観光客が蒸留所見学に来るようになった。

 また、アラン島自体もとても魅力的な島であり、
英国王室の避暑地として「ロイヤルアイランド」と呼ばれている。
経営は順調で、アラン島南部に第二蒸留所となるラグ蒸留所を創立させた。

ラグ蒸留所
https://www.creativecassels.com/lagg-distillery

●あとがき

 ロックランザ蒸留所(アラン蒸留所)は、これまで老舗蒸留所の中で新進気鋭なポジションだった。
しかし創業から四半世紀が経ち、現在では新しい蒸留所が世界中で次々と造られている。
同社が建てた第二蒸留所(ラグ蒸留所)には革新を、ロックランザ蒸留所には伝統を、とするのか。
老舗に比べる、創業30年はまだまだ歴史が始まったばかりなので、
これからも攻めの姿勢を期待したい。

¥3,799 (2022/03/06 20:31時点 | Yahooショッピング調べ)
¥4,080 (2022/03/06 20:21時点 | Yahooショッピング調べ)
¥8,900 (2022/03/06 20:29時点 | Yahooショッピング調べ)