• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年9月12日

    文字数:約1100文字

     日本のビール生産量は減る一方だが、世界ではどうなのか。
    キリンが公開しているデータをまとめたので見てみよう。

    世界のビール生産量

    世界のビール生産量推移
グラフ

     世界のビール生産量は右肩上がりだったが、近年は勢いに鈍化がみられる
    1986年に1億kLを突破し、その後20年強で2億kL目前まで伸びている。
    しかし、その勢いは衰え、横ばいが続いている。

    地域別のビール生産量

    地域別ビールの生産量
グラフ

     世界のビール生産量を牽引してきたのは、アジアと中南米の地域である。
    アジア地域は1994年に北米地域を抜き、さらに2009年には本場である欧州を抜き首位になる
    しかし2011年をピークに生産量が減少傾向に転じている。

     中南米地域も2006年に北米地域を抜き、その勢いは続いている
    徐々にヨーロッパの生産量に近づきつつある。

     ヨーロッパは1997年からの10年間で4割ほど急激に伸ばしたが、
    現在は5000万kL強で落ち着いている。

     アフリカ地域もじわじわと生産量を伸ばし、北米地域に近づいてきている。
    オセアニア地域はやや減少傾向にある。
    中近東地域では、少しずつではあるが生産量を増やしている。

    上位10カ国のビール生産量推移

    上位10カ国の生産量推移
グラフ

     アジア地域を牽引してきたのは中国だとわかる。
    2002年にアメリカの生産量を抜き、独走状態が続いている。
    しかし、2013年をピークに減少傾向にある。
    中国の生産量減少が世界の生産量横ばいに大きく影響している。

     アメリカは緩やかな減少傾向にあり、そこへブラジルやメキシコの中南米勢が迫る。
    アジアではベトナムがじわじわと生産量を伸ばし、減少傾向の日本に近づきつつある
    日本の生産量は、ビール・発泡酒・第3のビールの合計である。
    ヨーロッパ最大の生産国であるドイツも減少傾向である。

    2020年 国別ビール生産量ランキングTOP20

    2020年ビール生産量ランキング

     やはり中国が圧倒的である。
    アジア勢は、中国、日本、ベトナム、タイ、韓国の5カ国がランクイン
    北米は、アメリカとカナダの2か国。
    勢いのある中南米は、ブラジル、メキシコ、コロンビアの3カ国
    ビール発祥の地であるヨーロッパからは、ドイツ、ロシア、ポーランド、スペイン、イギリス、ベルギー、オランダ、フランス、チェコの9カ国で、さすがである。
    アフリカからは、南アフリカが唯一のランクインだが、21位にはナイジェリアが続く。

    あとがき

     世界のビールの生産量は半世紀近くの間、増え続けていた。
    それが現在は横ばいとなっている。
    これまで増加を牽引してきた中国の減少が、大きく影響している。
    中国の一人当たりのビール消費量は少なく、中国人はあまりビールを飲まないようだ。
    これからの牽引役は中南米や東南アジアなどになりそうだ。



    SNSシェア