• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年9月4日

    文字数:約1500文字

     財務省貿易統計のデータをもとに、酒類の輸出入についてまとめた。
    昨今、日本産の酒類輸出が伸びていると言われている。
    このような輸出の話はよく聞くが、輸入はどうなっているのか。
    輸出入合わせて見てみよう。

    酒類の輸出入金額

    酒類の輸出入金額推移
グラフ

     上図は、『輸出入金額』の推移である。

     輸出金額は、2009年から連続して伸び続けており、2021年には遂に1,000億円を超えた
    酒類の国内消費が減り続けているため、海外に活路を見い出そうとしている。
    国も輸出を推奨しており、様々な取り組みでバックアップしている成果が出てきている。

     輸入金額はどうかというと、浮き沈みはあるものの、輸出の2.5倍くらいの金額である。
    貿易収支では赤字が続いているといえる。

    酒類の輸出入量

    酒類の輸出入量推移
グラフ

     上図は、『輸出入量』の推移である。

     輸出量は、2018年に175.5千kLがピークだが、これから伸びる余地はありそうだ。
    理由としては、輸出金額が伸びているため、量から質への転換が進んでいると考える。
    品質が認められれば、量も増えてくるだろう。

     輸入量は、2013年をピークに減り続けている
    各酒類の関税が下がったり、撤廃されていることを考えると、輸入量が増えるのでは?
    と考えるかもしれいないが、国内のお酒の消費量が減っており、
    そもそもお酒を飲まなくなってきているのだ。

    酒類の1L当たりの輸出入金額

    酒類の1L当たりの輸出入金額推移
グラフ

     上図は、『1L当たりの輸出入金額』の推移である。
    輸出入金額を数量で割って計算している。

     輸出はここ数年、1L当たりの金額が上昇している。
    理由としては、商品評価の見直しや、高付加価値商品への転換が考えられる。

     輸入も1L当たりの金額が上昇している。
    輸入量が減っていることを考えると、量より質への転換だろう。
    安価なものよりも、高品質のものを輸入する方向へシフトしていると考える。
    お酒を多く消費するのは中高年のため、そちらをターゲットにしているのか。

     1L当たりの金額では、貿易収支が黒字化している
    量や金額ではまだまだ貿易赤字だが、まさに今が転換点だといえる。

    酒類の輸出金額内訳

    酒類の輸出金額推移
グラフ
    酒類の輸出金額内訳
グラフ
    酒類の輸出金額伸び率
グラフ

     上図は、『輸出金額の推移』と『2011年、2016年、2021年の内訳』と『伸び率』である。

     国のバックアップもあり、清酒が多く輸出されるようになってきたが、
    金額ベースでもっとも輸出されているのはウイスキーである。
    世界的なウイスキーブームもあり、ジャパニーズウイスキーにも世界の注目が集まっている。

     2011年を1として見ると、国内消費の低迷から、海外展開に舵を切っているため、
    どの酒類も伸びているが、ジンの伸び率が異常である。
    2011年のジン輸出はほとんどなかったが、2016年から一気に増え始める
    これが世に言うジンブームなのだろう。
    ラムやウォッカも伸びてきている。
    清酒やウイスキーに比べると、まだまだ少ないが、これから面白くなってきそうだ。

    酒類の輸入金額内訳

    酒類の輸入金額推移
グラフ
    酒類の輸入金額内訳
グラフ
    酒類の輸入金額伸び率
グラフ

     上図は、『輸入金額の推移』と『2011年、2016年、2021年の内訳』と『伸び率』である。

     ウイスキーの輸入金額は約2倍に増えている。
    ワインも1.8倍になっている。
    しかし、他の酒類の勢いは弱い。
    輸出での伸び率が凄まじいジンの輸入はそれほど伸びていない
    国内消費の弱さが顕著である。

    ●あとがき

     日本はこれまで多くのお酒を輸入してきたが、今後は国内での酒離れが進むことで、
    さらに輸入量も減っていくことが予想できる。
    酒類製造元は、国内でのパイの取り合いがますます厳しくなりそうだ。
    嗜好の多様化、人口減少、増えない所得などの問題を考えると、
    国外に販路を見出すことが重要になってくる。
    中長期的視点で経営しなければ、気付いた時にはもう遅い、
    ということになりかねないのが日本の現状だろう。



    SNSシェア