図解■ ウイスキーの生産量【都道府県別】

HOME

文字数:約1500文字

 日本全国でウイスキーが造られるようになってきたので、
都道府県別の生産量をまとめた。

 どの都道府県が多く生産しているのか、
なぜ多く生産しているのかを見てみよう。

ウイスキー生産量【都道府県別】

都道府県別ウイスキーの生産量
マップ

 上図が、国税庁が公表しているデータから、2021年の生産量を表した。
以下が、都道府県別のデータである。
『X』は秘匿、『-』は無し。

国税局   
  都道府県
製成数量
[kL]
札幌   計156
   北海道156
仙台   計
    青森
    岩手
    宮城
    秋田
    山形
    福島
関東信越 計26,711
    茨城1,319
    栃木23,345
    群馬
    埼玉
    新潟456
    長野918
東京   計80,112
    千葉31,640
    東京
   神流川
    山梨48,298
金沢   計
    富山
    石川
    福井
名古屋  計5,877
    岐阜
    静岡5,707
    愛知65
    三重
大阪   計10,761
    滋賀122
    京都1,277
    大阪
    兵庫2,273
    奈良
   和歌山
広島   計1,010
    鳥取194
    島根
    岡山
    広島
    山口
高松   計
    徳島
    香川
    愛媛
    高知
福岡   計233
    福岡233
    佐賀
    長崎
熊本   計1,386
    熊本104
    大分
    宮崎
   鹿児島1,155
沖縄   計92
    沖縄92
合計126,553

 国内でもっともウイスキーを生産しているのは山梨である。
山梨にはサントリーの白州蒸溜所がある。

 2番目に多いのは千葉で、ニッカの柏工場がある。
3番目が栃木で、こちらもニッカの栃木工場がある。

 さて、TOP3は数値データから確実なのだが、4番目は予測となる。
おそらく4番目は大阪である。
大阪はデータが秘匿されているが、大阪国税局の計から大まかに予測できる。
大阪にはサントリーの山崎蒸溜所がある。

 そして5番目が静岡で、キリンの富士御殿場蒸溜所がある。
6番目が兵庫、7番目が茨城、8番目が京都、9番目が鹿児島、10番目が長野。
11番目からは秘匿が複雑に絡んでくるため、わからない。
ランキング形式に並べると以下のようになる。

2021年都道府県製成数量[kL]割合
1山梨48,29838.2%
2千葉31,64025.0%
3栃木23,34518.4%
4大阪7,000くらい5.5%くらい
5静岡5,7074.5%
6兵庫2,2731.8%
7茨城1,3191.0%
8京都1,2771.0%
9鹿児島1,1550.91%
10長野9180.73%
全国計126,553

 よく知られる蒸留所として余市や宮城峡がある。
余市蒸溜所のある北海道がこんなに少ないのはおかしい。
宮城蒸溜所は?と思う人もいるだろう。
それらはニッカの柏工場(千葉)や栃木工場(栃木)に集約されているのである。

 なぜ秘匿データがあるのか。
統計ではよく使われることなのである。

 例えば、ある県に1つしか蒸留所がなければ、
その蒸留所の生産能力が公になってしまう。
そのため、データを秘匿してメーカーを保護しているのである。

ウイスキー生産量【国税局別】

国税局別ウイスキーの生産量
マップ

 国税局は地域ごとにあり、いくつかの都府県のデータをまとめている。
東京国税局には山梨と千葉が含まれるため、圧倒的な生産量となる。
次いで、関東信越、大阪、名古屋、熊本、広島、福岡となる。
残りの札幌、沖縄は、仙台、金沢、高松がデータ秘匿のため、わからない。

関連記事 ↓

あとがき

 現在は新規蒸留所が稼働を始めて間もないが、
5年後くらいから少しずつ反映されて、
20年後くらいには生産分布が大きく変わっているかもしれない。
長い目で地元の蒸留所を応援するのも楽しいだろう。