• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年8月18日

    文字数:約1600文字

     世界中で最も売れている(=飲まれている)ウイスキーは何なのか?
    やはりスコッチなのか、国の人口を考えるとバーボンなのか、最近人気ジャパニーズは、、、

     イギリスのDrinks Internationalによるデータから、売上(販売量)のランキングをまとめた。
    また、売上の推移をグラフにした。

    ●売上ランキング

    2020年 ウイスキー売上(販売量)

    1. McDowell’s No.1  Indian   25.7  9L/ケース 単位:100万ケース
    2. Imperial Blue    Indian   21.3
    3. Officer’s Choice   Indian   20.8
    4. Royal Stag      Indian   18.5
    5. Johnnie Walker   Scotch   14.1
    6. Jack Daniel’s     American 12.3
    7. Jim Beam     American 10.7
    8. Hayward’s     Indian    9.7
    9. 8PM        Indian    8.4
    10. Crown Royal     Canadian   8.1
    11. Jameson       Irish     7.7
    12. Ballantine’s     Scotch    7.0
    13. Blenders Pride   Indian    6.6
    14. Bagpiper       Indian    5.3
    15. Kakubin      Japanese  5.1
    16. Old Tavern      Indian    4.5
    17. Royal Challenge   Indian    4.3
    18. Grant’s       Scotch    3.6
    19. Black Nikka     Japanese  3.3
    20. William Lawson’s   Scotch   3.3

     世界で一番売れているウイスキーはインドのMacdowell’s No.1である。
    そして、上位4位までをインディアンウイスキーが占めている

     スコッチで最も売れているジョニーウォーカーは5位
    2011年までは販売量世界一位だったが、翌年以降はインディアンに抜かれてしまう。

     バーボンはジョニーウォーカーの次点で、6位ジャックダニエル7位ジムビーム
    8位クラウンローヤル9位ジェムソンカナディアンアイリッシュが続く。

     ジャパニーズは、サントリー角瓶が15位ブラックニッカが19位に入る。
    ハイボールも含めて、国内で着実に売上を伸ばしている。

    ウイスキー世界売上表

     このデータは、開示されている2020年の売上からまとめられている。
    2019年までランクインしていた銘柄でも、2020年に非開示だとランキング外になってしまう。

     インディアンウイスキーでは売上の多い数銘柄が、2020年非開示だった。
    スコッチではフェイマスグラウスが、2014年から非開示である。
    そのことを鑑みると、厳密なランキングではないことになる。

    ウイスキー世界売上推移

    ●インディアンウイスキー

     上位を独占しているインディアンウイスキーについては、消費のほとんどがインド国内である。
    インディアンウイスキーの原料は主に糖廃蜜であり、ラム酒に近いものだと言われている。
    ウイスキーの定義は国ごとに違いがあり、原料もそれぞれである。

    インド
タージマハル
    D MzによるPixabayからの画像

     インディアンウイスキーの多くは、外資であるディアジオ社ペルノリカール社がオーナーである。
    この2社はスコッチでも多くを所有し、アルコール業界の二大巨頭と言える。

     インドにも本格的なシングルモルトがあり、
    有名な銘柄としては、アムルットポールジョンである。
    インドならではの環境(温度、湿度)で熟成の進行は速い。
    ピートを効かせたものもあり、これらの銘柄は日本でも比較的入手しやすい。

    ●あとがき

     やはり人口が多いと消費も多くなる。
    インディアンウイスキーの増減はかなり激しく、
    今後コロナの影響がどのように現れるのか注目している。
    2021年のデータが公開されるのが待ち遠しい。
    中国でもウイスキーが造られているので、
    データ開示すれば将来的にはランクインするかもしれない。
    ウイスキーのすそ野はまだまだ広がるだろう。

    SNSシェア