猫に関連するお酒

HOME

文字数:約4300文字

 猫に関係するお酒をまとめてみた。
定番商品の銘柄やラベルなどを紹介しよう。
コラボや限定品は機会があれば紹介したい。

猫のシルエット
AnjaによるPixabayからの画像

ビール

 ビールでは、以下を紹介する。

  • 水曜日のネコ/ヤッホーブルーイング
  • ラッキーキャット/黄桜

・水曜日のネコ/ヤッホーブルーイング

水曜のネコ
https://yohobrewing.com/suiyoubinoneko/pc/

 よなよなエールを手掛けるヤッホーブルーイングが造るホワイトエールが水曜日のネコである。
正確にはベルジャン・ホワイトエールで、風味付けにオレンジピールやコリアンダーを使用。
フルーティーで飲みやすいビール。
コンビニやスーパーでもよく見かける。

 一風変わった名前の由来は、
週の真ん中の水曜に、自由に暮らすネコのように、ビール片手にゆっくりしてほしい
ということから命名。
ネコの種類は不明だが、ツンとした表情が魅力的である。

¥4,408 (2023/05/26 19:18時点 | Yahooショッピング調べ)

・ラッキーキャット/黄桜

ラッキーキャット
https://kizakura.co.jp/ja/product_introduction/info.php?type=items4&id=IC000119

 ラッキーキャットは大手酒造メーカーの黄桜が製造するビールである。
ビールのスタイルはホワイトエールで、柚子や山椒を風味付けに使っている。

 ラッキーキャットの名前は、『幸運の招き猫』に由来する。

 猫の種類は不明だが、耳と耳の間に小さなシルクハットをかぶっている。
毛並みはグレーで、瞳はゴールド、小さな牙が見えている。

¥3,603 (2023/05/26 19:19時点 | Yahooショッピング調べ)

ワイン

 猫に関係するワインとして、もっとも有名な『ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ』を紹介する。

・ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ(Zeller Schwarze Katz)

 ツェラー・シュヴァルツェ・カッツはドイツの白ワインである。
日本でもワインショップは当然として、スーパーやコンビニでも見かけるほど有名。

 意味はツェル村の黒猫となる。

ツェラー Zeller:ツェル村の
シュヴァルツェ Schwarze:黒い(原形はSchwarz)
カッツ Katz:猫(原形はKatze)

ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ
http://zeller-schwarze-katz.de/

 名前の由来は、モーゼル川沿いにあるツェル村の話にある。
3人のワイン商がツェル村にワインを買い付けに来た時、候補を3樽まで絞り込んだ。
しかし1つに決められずにいると、黒猫が1つの樽に飛び乗った。
そしてワイン商たちに威嚇のポーズをとった。

 これを見たワイン商たちは威嚇までして守りたいワインは美味しいはずと感じとった。
買い付けたそのワインは評判が良かったことから、
黒猫の乗ったワインとして広まり、ツェル村の黒猫のワインとして
『ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ』と名乗るようになった。

 しかし、黒猫というワイン名を真似する者が出てきて、困ったことになる。
他のワイン銘醸地と同様に、1971年に法律で黒猫を名乗れるのは
ツェル村の16の畑のブドウから造られたワインだけと決まった。

 日本で見かける黒猫のワインが複数あるのは、使われているブドウの畑が違うのである。
それぞれの違いを飲み比べてみるのも面白いだろう。

ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ
カール・ジットマン
ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ
シュミット
ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ
ジョゼフ・ドラーテン

 ラベルに描かれている黒猫はさまざまで、特定の種類はないようだ。
共通するのは黒い猫ということだけである。

焼酎

 焼酎では、以下を紹介する。

  • 対馬やまねこ_麦米焼酎/河内酒造合名会社/長崎県
  • 猫また_米焼酎/千代むすび酒造/鳥取県
  • 竃猫(へっついねこ)_芋焼酎/落合酒造所/宮崎県
  • 山ねこ/_芋焼酎/尾鈴山蒸留所/宮崎県

・対馬やまねこ_麦米焼酎/河内酒造合名会社/長崎県

対馬やまねこ
900ml
https://www.kawachi-shop.jp/
¥1,235 (2023/05/26 19:26時点 | Yahooショッピング調べ)
対馬やまねこ
720ml
https://www.kawachi-shop.jp/
¥1,120 (2023/05/26 19:27時点 | Yahooショッピング調べ)
対馬やまねこちび
300ml
https://www.kawachi-shop.jp/

 対馬やまねこは、長崎県の対馬で造られている麦と米のブレンド焼酎
麦焼酎9:米焼酎1でバランスよく仕上げている。

 対馬では密造酒のことを「やまねこ」といい、
天然記念物の『対馬ヤマネコ』とかけて命名されたという。

 ラベルは容量によって違う。
1800mlと720mlには猫の肉球が描かれている。
900mlには座っている対馬ヤマネコが、
300mlには対馬ヤマネコの子猫が描かれている。

・猫また_米焼酎/千代むすび酒造/鳥取県

猫また
https://www.chiyomusubi.co.jp/

 猫または、鳥取県の千代むすび酒造が造る米焼酎。
米焼酎を5年熟成させることアルコール感(25度)はまろやかになって、飲みやすい。

 フタに貼られたシールには、『猫又にたぶらかされてはなりませぬ』と書かれている。
裏ラベルには、以下のように書かれている。

『古(いにしえ)から猫も年を経ると、人をあざむき、たぶらかす「猫叉」になると人はいう。米も醸し蒸留し、永い月日寝かせてみると人をあざむき、たぶらかす魅惑の酒(ささ)になると人はいう。
今夜はやけに月がさえざえとしている。例のように「猫また焼酎」の魔力に魅了された者が、一人また一人と杯をかさねる。これこそ猫叉の思うつぼ。しかし私も猫叉にたぶらかされ酔いに溺れてみたいものだ。』

 ラベルには、しっぽが二股の猫が立ち上がり、布を被った姿が描かれている。
背中や腰、しっぽに縞柄が見られる。

¥1,050 (2023/05/26 19:30時点 | Yahooショッピング調べ)

・竃猫(へっついねこ)_芋焼酎/落合酒造場/宮崎県

竃猫
https://ochiaishuzojyo.jp/shop/hettuineko/

 竃猫は、宮崎県の落合酒造場が造る芋焼酎。
2種類の芋[黄金千貫(こがねせんがん)と紫優(むらさきまさり)]をブレンドした本格焼酎。

 ラベルには竃猫の説明が書かれている。

『まだ、台所が土間で竃だったころ、
火の落ちた竃は、ほこほこの天国・・・
中に入って灰まみれになったり、
時には毛に焦げを作ったり、
寒がりの猫は大のお気に入り・・・。
その愛嬌ある様を”竃猫”と親しんだ・・』

 描かれているの猫は、かまどで灰まみれになりながら、
暖かさを感じて気持ちよさそうにしている姿

¥1,870 (2023/05/26 19:31時点 | Yahooショッピング調べ)

・山ねこ_芋焼酎/尾鈴山蒸留所/宮崎県