図解■ レーダーチャートで見る 都道府県別一人当たりの飲酒量ランキング【2020】

HOME

文字数:約1000文字

 国税庁のデータをもとに、都道府県別の一人当たりの年間飲酒量を
レーダーチャートにまとめた。
各都道府県の総飲酒量を成人人口で割って算出している。

 酒類によるランキングをレーダーチャートにすることで、
各都道府県でどの分野がよく飲まれているかがわかる。

関連記事 ↓

都道府県別一人当たりの飲酒量ランキング

 総合ランキング順に見ていこう。
レーダーチャートの軸は順位(1~47)を表している。
スピリッツには原料用アルコールも含まれる。
その他には粉末酒、雑種、みりんが含まれる。

・総合1位 沖縄

一人当たりの飲酒量
沖縄
グラフ

 沖縄はリキュールで1位、発泡酒で2位、スピリッツで3位を
獲得しているが、日本酒、ブランデーではほぼ最下位である。
にもかかわらず、総合で1位なのが驚きである。

 泡盛は焼酎に含まれ、5位を獲得している。
飲む酒類にやや偏りがみられる。

・総合2位 東京

一人当たりの飲酒量
東京
グラフ

 東京はビール、ワインで1位、ウイスキーで2位、
ブランデー4位、スピリッツで4位を獲得。
日本酒や焼酎よりも洋酒を好んで飲んでいるように見える。

・総合3位 高知

一人当たりの飲酒量
高知
グラフ

 発泡酒で1位、その他で3位、ビールで4位、スピリッツで5位を獲得。
ワインやウイスキーはやや低めの順位である。

・その他

一人当たりの飲酒量
グラフ
一人当たりの飲酒量
グラフ
一人当たりの飲酒量
グラフ
一人当たりの飲酒量
グラフ

 総合4位の青森はバランスよく、いろんな酒類を多く飲んでいる。
総合12位の鹿児島は焼酎1位だが極端な偏りがみられる。
総合30位の山梨がウイスキー1位なのは蒸留所が多いからだろうか。

・ランキング表

 ランキング表は以下の通りである。

一人当たりの飲酒量ランキング
表

都道府県別一人当たりの飲酒量

 飲酒量のデータも掲載しておく。
全国平均では一人当たり年間で74.2リットルのお酒を飲んでいることになる。
総合1位の沖縄では97リットル、最下位の奈良は59リットル、
その差は38リットルである。

 平均を見ると日本で一番飲まれている酒類はリキュール、次いでビールとなる。
リキュールは第三のビールやチュウハイ、サワーなどが主だと考えられる。

一人当たりの飲酒量
表

関連記事 ↓