• お酒全般の情報ブログ

     更新日:2022年10月31日

    文字数:約500文字

     日本のワイン(果実酒)の一人当たりの消費量を都道府県別にまとめた。

    都道府県別の消費量ランキング

     国税庁が公表しているデータともとにした。

    ワイン一人当たりの消費量
ランキング
都道府県別
    ワイン消費量
一人当たりの消費量
都道府県別

     都道府県別の一人当たりの消費量は、1位がダントツで東京の8.0Lである。
    全国平均は3.3Lなので、東京での消費が凄まじく多いことがわかる。

     2位は山梨の4.8Lだが、例年では東京と同程度(前年7.8L)消費しているが、
    2020年は激減している。
    原因はコロナの影響で、観光客によるワイナリーでの消費が減ったことだと考える。

     3位は和歌山の4.3Lで、ここ数年で消費量を伸ばしている。
    和歌山はフルーツ王国なので、ワイン以外の果実酒もよく飲まれているのだろうか。
    ちなみに梅酒はリキュールに分類されるため、果実酒とは別枠である。

     4位の埼玉、5位の神奈川は上位が激減したので繰り上がった。

     2019年に3位の長野は4.1→3.3Lに減少、4位の京都は3.9→2.9Lに減少。
    山梨と同様に観光客が減った影響だと考える。

    合わせてよく読まれている記事 ↓

    ●あとがき

     2020年はコロナの影響で国内旅行もできなくなった影響が出ている。
    特にワイナリー見学での消費へのダメージは大きいようだ。
    2022年の消費回復が期待される。



    SNSシェア