【家計のミカタ】コスパだけじゃない!おすすめ箱ワイン(3L)11選

HOME

文字数:約2500文字

 箱ワイン(ボックスワイン)をスーパーなどで見かけることがあると思う。
しかし購入したことがある人はまだ少ない。

 ボトルワインと比べると見た目で品質が低いと思われがちだが、
実は納得できる味わいのものが増えている。

 3Lサイズの箱ワイン(ボックスワイン)は「バッグ イン ボックス(bag in box)」とも呼ばれる。
薄い段ボールの箱に、ワインの入ったビニールバッグを入れているためである。

 箱ワインのメリット、デメリットと、おすすめを紹介しよう。

ガルシア・カリオン 赤
https://www.sapporobeer.jp/wine/garcia_carrion/

箱ワインのメリット、デメリット

 箱ワインにはどのようなメリット、デメリットがあるのか、見てみよう。

4つのメリット

  1. コスパが良い
  2. 鮮度維持
  3. 空き瓶回収がない
  4. 軽い

コスパが良い

 ここでのコスパとは、ボトル換算した時の価格を表している。
価格を抑えられる理由は、輸送費、包装費にある。

 瓶よりも紙とビニール袋のほうが安く、軽く、割れにくい。
これらにより、輸送容量が同じでも、瓶よりも多く運ぶことができる。

 中身はボトルワインと同等のため、かなり満足できる味わいになっている。

鮮度維持

 箱ワインの注ぎ口は、下部についているため、空気が入らない。
開封しても空気と触れないため、長く鮮度を保つことができる。

空き瓶回収がない

 瓶を使用しないため、紙とプラごみの廃棄で済む
空き瓶のようにスペースを取ることもない。

軽い

 箱ワインと同量(3L)のボトルワインでは、4本(750ml x 4)になり、かなり重い。
ワインに差はなくても、瓶4本と紙とビニール袋の差は大きい

ガルシア・カリオン 白
https://www.sapporobeer.jp/wine/garcia_carrion/

4つのデメリット

  1. 種類が少ない
  2. 飲み切れるか心配/飽きる
  3. 冷蔵庫のスペースを取る
  4. 重い

種類が少ない

 ボトルワインは世界各地のものがあるが、箱ワインでは種類が限られる
箱ワインでは、スペインイタリアオーストラリアチリカリフォルニアなどがあり、
それぞれ赤と白がある。

 また、長期熟成のものはなく、主に軽めの味わいものが中心である。

飲み切れるか心配/飽きる

 3Lの箱ワインはボトル4本分である。
1日1杯(125ml)飲むと、3L消費するのに24日かかる。
2人だと12日である。

 箱ワインは鮮度が維持できるので、開封から1ヵ月くらいを目安に飲めばよい。
味に飽きたら、炭酸で割ってカクテルにしたり、料理に使ったり、お風呂に入れたりできる。

冷蔵庫のスペースを取る

 箱ワインはワインセラーに入れるほどデリケートでないので、冷蔵庫で十分である。
しかし、3L分のスペースを確保する必要がある
量が減ってきたら箱から出してビニール袋の状態にすれば余裕ができる。

重い

 ボトルワイン4本に比べれば軽いが、やはり3Lは重い。
スーパーなどで買うよりもネット配送を利用することをおすすめする

おすすめ箱ワイン(3L)11

 日常飲むデイリーワインは手頃なもので1000円とすると、4本(3L)で4000円になる。
1本あたり半額(500円)以下になるものもある。
ネットで配送料無料やポイントなどを含めるとさらにお得になる。

・フランジア FRANZIA

フランジア
https://www.kirin.co.jp/alcohol/wine/franzia/

 キリングループのメルシャンが販売する。
アメリカ カリフォルニア産の赤と白がある。

 ブドウはは多品種をブレンドしている。
フレッシュで果実味のある、ライトな味わい。

キリン メルシャン
¥1,598 (2022/10/31 18:14時点 | Yahooショッピング調べ)
キリン メルシャン
¥1,598 (2022/10/31 18:17時点 | Yahooショッピング調べ)

・ロスカロス LOS CALOS

ロスカロス
http://www.minamialpswandb.jp/products/wine.html

 南アルプスワインアンドビバレッジ(株)が扱う、チリ産ワイン。
赤はカベルネ・ソーヴィニヨンを中心にブレンドされており、スパイシーな香り。
白はソーヴィニヨン・ブランを中心にブレンドされており、スッキリと爽快。

南アルプスワインアンドビバレッジ
¥1,471 (2022/10/31 18:27時点 | Yahooショッピング調べ)
南アルプスワインアンドビバレッジ
¥1,471 (2022/10/31 18:28時点 | Yahooショッピング調べ)

・エルヴィエント Elviento

エルヴィエント
http://www.minamialpswandb.jp/products/wine.html

 ロスカロス同様、こちらも南アルプスワインアンドビバレッジ(株)の扱う商品。
スペイン産ワインで、赤はテンプラニーリョ100%使用で、ベリー系の香り。
白はアイレン100%使用で、軽めの酸とフルーティーな味わい。

南アルプスワインアンドビバレッジ
¥1,551 (2022/10/31 18:39時点 | Yahooショッピング調べ)
南アルプスワインアンドビバレッジ
¥1,551 (2022/10/31 18:39時点 | Yahooショッピング調べ)

・カルロ ロッシ Carlo Rossi

カルロ ロッシ
https://www.suntory.co.jp/wine/special/carlo_rossi/about.html

 サントリーが扱う、オーストラリア産のワイン。
赤はプティ・ヴェルドやピノ・ノワールなどをブレンドし、チェリーの香り。
白はフレンチ・コロンバードやシャルドネをブレンドし、青りんご系の爽やかな味わい。

サントリー
¥1,798 (2022/10/31 18:47時点 | Yahooショッピング調べ)
サントリー
¥1,798 (2022/10/31 18:47時点 | Yahooショッピング調べ)

・タヴェルネッロ TAVERNELLO

タヴェルネッロ
https://www.suntory.co.jp/wine/special/tavernello/?fromid=001

 カルロ ロッシ同様、こちらもサントリーが扱う商品。
イタリア産ワインで、赤はサンジョベーゼが使われており、飲みやすい。
白は、トレッビアーノが使われており、柑橘系の香り。

サントリー
¥1,892 (2022/10/31 18:54時点 | Yahooショッピング調べ)
サントリー
¥1,892 (2022/10/31 18:55時点 | Yahooショッピング調べ)

・ヴィアヘロ VIAJERO

ヴィアヘロ
http://www.winenomado.com/products/original/viajero.html

 日本酒類販売(株)が扱う、チリ産ワイン。
赤はバイス、ティントネラ、シラーなどをブレンドし、果実味のあるミディアムは味わい。
白はトンプソン、シャルドネなどをブレンドし、トロピカルな香り。

日本酒類販売(株)
¥1,510 (2022/10/31 19:04時点 | Yahooショッピング調べ)
日本酒類販売(株)
¥1,510 (2022/10/31 19:04時点 | Yahooショッピング調べ)