ウイスキー蒸留所【スコットランド ローランド】ブラッドノック

HOME

文字数:約1400文字

 スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。
アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。
地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。

●ブラッドノック

・基礎データ、場所

ローランド地域地図
ブラッドノック蒸留所場所
  • 蒸溜所名:ブラッドノック蒸溜所
  • 英字:Bladnoch
  • 意味:不明、ブラッドノック川から取っている
  • 創業:1817年
  • 仕込み水:ブラッドノック川
  • 蒸留器:バルジ型
  • 現所有者:ブラッドノック・ディスティラリー社
  • 輸入元:東亜商事(株)

 スコットランドのローランド地域南部最南端のスコッチ蒸溜所である。
蒸留所オーナーが10回以上も変わるという、波乱万丈の経歴を持つ。
歴史と伝統を持つ蒸留所だけに、これからの商品展開が期待される。

ブラッドノック蒸留所
https://www.secret-scotland.com/place/bladnoch-distillery

・特徴

・味わい

 ローランドモルトらしいライトさと花のような香り
ノンピートなので、落ち着いてゆっくり楽しめる。

 オーナーが変わるとボトルやラベルデザインが変わり、コンセプトも変わっている。
バーなどで旧品と比較して飲むのも面白い。

・経緯

 これまでに10回以上もオーナーが変わっているブラッドノック蒸留所。
蒸留所の位置がアイルランドに近いせいか、アイルランド系からの買収も度々ある。
わかる範囲でその経緯をたどってみよう。

  • 1817年
    マクレーランド兄弟(ジョンとトーマス)によって創業
    農業を本業とし、冬の時期にだけ副業として蒸留を始める。
    ほそぼそと家族経営を続けるが、1905年に閉鎖。
  • 1911年
    北アイルランドのダンヴィル社が買収。
    同社は北アイルランドのベルファスト(ブラッドノックからも近い場所)に
    蒸留所を所有している。
  • 1937年
    スコットランドのDCL社(ディスティラーズ・カンパニー・リミテッド)
    ダンヴィル社を買収し、所有権が移る。
    しかし、操業はせず、閉鎖状態で放置された。
  • 1956年
    スコットランドのA.B.グラント社が買収。
  • 1964年
    マクゴーン&キャメル社が買収。
  • 1973年
    アメリカのインバーハウス社が買収。
  • 1983年
    スコットランドのアーサー・ベル&サンズ社が買収。
  • 1985年
    アイルランドのギネスグループにベル社が買収される。
  • 1986年
    ギネス社がDCLと統合しUD(ユナイテッド・ディスティラーズ)社になる。
    花と動物シリーズ」をリリースし好評を得るが、1993年に閉鎖。
  • 1994年
    レイモンド・アームストロング氏によって個人買収される。
    アームストロング氏は、北アイルランドで不動産業を営む資産家。
    ブラッドノック蒸留所を別荘に改築するために購入した。
    購入の際には、ウイスキーを生産しないことを約束している。
    敷地はライヴハウスや貸しホール、結婚式場、ウイスキー蒸留学校などに使われた。
  • 2000年
    アームストロング氏の気が変わり、操業を再開する。
    生産再開条件として年間最大生産量10万リットルとされる。
  • 2015年
    オーストラリアのデイビッド・プライアー氏が買収。
    新オーナーになってからの熟成品がこれから出回り始めるので注目したい。
ブラッドノック蒸留所
ポットスチル
https://traveltrade.visitscotland.org/blog/supplier/bladnoch-distillery-ltd/

●あとがき

 順風満帆な歴史よりも、山あり谷ありのほうが興味をそそられる。
ここまで様々なオーナーに変わったのは、それだけ魅力のある蒸留所だとも言える。
普通なら完全閉鎖していてもおかしくないのに、生き残れたのは幸運以外の何かがあるのかも。
そういう意味でも縁起の良い、不屈のスコッチである。

ブランド登録なし
¥6,480 (2022/10/02 16:18時点 | Yahooショッピング調べ)
¥14,980 (2022/03/13 19:09時点 | Yahooショッピング調べ)
¥8,377 (2022/03/13 19:10時点 | Yahooショッピング調べ)